「明日があるから」



「明日があるから」

空は薄霧状に青かった。
小鳥の囀りがどこか遠くて、
そして工作音が代わりに響いている。
そうして辺りに耳を傾けていると、
身近に時計の針がカチカチいうのが聞こえた。
さて、そろそろ執筆を始めよう。
なんのため?
それはね、明日があるからだよ。

コメント

人気の投稿