@今夜も徹夜になるのかなぁ。一時にはねたいなぁ。



@今夜も徹夜になるのかなぁ。一時にはねたいなぁ。

 いかんいかん、官能小説ばかり書いている場合ではない。本題の最新二作をとっとと脱稿せねば、明るい未来もくそもない。出版社から連絡がないということは大人しく文学賞へ出せということか。なるほど、そういう作戦だな? この滝川寛之の華々しい文壇入りを猛プッシュということだな? 出版社の皆さん、文壇の皆さん、ヒロキリストの皆さん、男・滝川寛之。次回からは河出書房新社の文藝賞一本で決めてますのでっ! 猛プッシュよろぴくね! ネガティブ猛プッシュはしないようにね! それは絶対的なタブーである。それから河出書房新社の美人担当! この島での打ち合わせの際は、勿論、たっぷりと……! まあ、それについては、公式の彼女たちが許せばの話になる。彼女たちが「寛之さん、わたしだけみてっ!」と言ってくる可能性が100%あるのでね。むふふ、モテる男はつらいよね。来年の東京出張が楽しみになってきた。今年はもう半年過ぎてるので、あと一年我慢すれば、受賞も決まり担当との打ち合わせが待っているから。授賞式は11月ころときいている。コートがもうないので新しく新調しなければならないな。まあ、欲しいものリストに載っているけれども、そいつをチョイスして東京に参ろうか。黒のスーツはカラーのワイシャツを着けてノーネクタイで望もう。西村賢太さんの芥川賞受賞式風と行きたいね。再来年は芥川賞の授賞式か本屋大賞の授賞式に登壇しなければならない。受賞者として。楽しみになってきたぞ。


コメント

人気の投稿