原付バイクと風景画 15

 原付バイクと風景画 15

だろう。それが江戸屋敷のお嬢様らしく「礼子」だったのだ。礼子おばあちゃんは、名前からして礼儀を重んじる女性。香織はともかくとして、遥には茶道と華道を徹底したほど。おばあちゃんはよく遥に村岡花子のエッセイを読ませていた。流暢でいて清潔感の漂う文体は、滑らかな女体そのものであり、よいかほりのすると言った具合の、女性の女性による女性のための書物であったために、遥はなんだかそんな女性は沖縄にはいなかったわね。などと、すこしだけ目がかゆくなる始末。沖縄県民は美顔の中にも、たくましさがどこかに漂っているのである。逆に東京には沖縄県民のような人間は散見されなかったものだから、遥ちゃんは高校でカルチャーショックを感じたほど。

 遥は、お上方の事情による苗字のたらいまわしみたいなことが大嫌いだったし、許せない気持ちになったりもした。どうして私の名前はいつまでも変わり続けるの? どうして? どうしてなの――? 当初、斉藤どころか、金城姓すら嫌。嫌で嫌で仕方がなかった。だってそうでしょう? わたしはお母さんの娘なのよ。兒玉、兒玉遥なの。誰が何と言おうと、わたしは兒玉なんですもの。しかし、事情というものは皮肉なもので、生死をも左右するほどの問題。それなものだから遥はあきらめた。仕方がなかった。嗚呼、このままじゃ、いつかはお母さんが消えてなくなっちゃう。どうしよう……。遥はそれだけはぜったいにいや。だから、ぜったいに春休みには北海道へお彼岸に行くの。お母さんに会いに行くの。いいでしょう? おばあちゃん。

「お好きにしなさい。おばあちゃんはね、後悔しているのよ……

 それだけを言うと、礼子は言葉を詰まらせた。

 遥の通う高校は三軒茶屋駅近くの私立学校。エレベーター式で大学進学するその付属高校は、遥にとって何の興味もそそるものではなかった(遥は別の大学である東京芸術大学へ進学することが決まっていた)ために、彼女は部活もせず帰宅部を専行した。しかしながら、のちのち絵画部があると聞き、彼女の学校に対する関心は大きく変わった。遥は当然、絵画部へ入部したかったのだけれど、華道や茶道の習い事があったために、絵画も豪邸内でというしきたりというか、阿吽の呼吸みたいなものがあったため、有無を言わずして明るいうちに帰宅した。それが身の安全のためでもあった。彼女は徐々にお嬢様らしく口調を整えていた。上品に清楚に。それが華道と茶道の教え。今ではすっかりと香織と同じく立派なお嬢様。それが自然の流れ。それがどうしたものか? 遥は何だか一人で気楽に出かけられる原付バイク免許を取得することとなる。この時代は学科の試験のみで免許証が取得できたので、そんなに大して苦労などしなかった。只、おばあちゃんはそんな危険な乗り物は駄目よと反対したし、出かけるなら車を出して、かつ、付き人がいなければ。と、首を縦に振ることはなかった。だけども、私のおてんば娘の子ですものね、仕方がない子だわ。今回は大目に見て原動機付き免許証の取得を認めましょう。と、とうとう首を縦に振った。遥の日曜日はこうして劇的に変化をなしたのである。

 原付免許を取得しようと思った理由は、ある憧れの先輩の影響を受けて。その男子高校生はアマチュアロックバンドのギタリストで、容姿はまじめそのものなのだが、なにかこう迫力みたいなものをオーラとして発していた。完全なるよそ者なのである。その男の名前は剛(つよし)といった。沖縄県宮古島で一目ぼれした剛と全く同じ名前なのである。遥はそれについて驚いたし、なんだか孤独を感じるような先輩だけれど、好感が持てた。その剛とは弁当屋で出会った。この日は遥が弁当屋の弁当を食べてみたくて、邸宅から弁当を持参しなかったのである。剛は郵便局が乗るようなハブ号で、ギターのハードケースを背負って乗っていた。弁当屋までこれで来ていたのだ。これから登校だと言う。はて、もう午後なのに。こういう人もいるのかな? などと、遥は思ったし、学校はバイク登校禁止だったものだから、きっとこの辺に原付バイクを隠して登校するのね。と思考を巡らせた。答えは正解。

 遥はごったかえした弁当屋に待機している剛に席を譲られた。「ここに座れよ」と。「ありがとうございます!」それから。会話をしたのは。その時に名前を交換した。が、まだ、携帯電話番号は教えなかった。そこまでの仲ではなかった。

「ねえねえ! 遥。今の先輩、学校で人気なのよ! 名前交換するなんで、すごい!」

 友達はそろって羨ましがった。遥もこの男のことが好きになっていた。沖縄の剛君同様に一目ぼれである。それもそうだろう。かっこよく席を譲られて、クールな口調で清潔そうな身なり、顔もかっこよかった。誰がこの男を嫌うと言うのだろうか。

 この日の夜、遥は夢を見た。

 沖縄の剛君と東京の剛先輩。さあ、どっちにしようかしら? でも、あれね。わたしはやっぱり剛君が好き。あのやさしくてたくましい剛君に惚れているのよ。そう、宮古島の。剛君はいまごろ本島の高校。新しく好きな子はできて? でもでも、剛君はわたしのことわすれない。きっと、きっとよ。嗚呼、剛君。つよしくん。剛さん――! 世界はあの時に観た泉のほとり。素っ裸の遥と剛君が愛し合った場所。そう、小学生の時に観たあの世界だ。幻想の世界。遥は一生懸命に膣を剛君の顔面に摺り寄せる。はあん! なんて淫乱な声なんだ。と、剛君は言った。だって、だってそうでしょ? わたしは聖母マリヤ様の幼子なの。こんな辱めは生まれて初めて! だから感じるの! 嗚呼――! こいつめ! こんな痴女はこうしてやる! 剛は利き手を遥の膣へと出し入れした。はあん――! あの日観た子供の頃の純粋さは完全と消え失せている。いま、遥と剛は完全と濁った大人の体。大人の性行為。獣と獣の交尾だ。それに一切の矛盾など感じはしなかった。そんなものは存在しな。只、あるのは、遥の愛液と剛のザーメンだけ。中にだしてぇ! そうさ、中に出してやる! そうれ! 嗚呼――! 仰――! ふたりは唯一の光を同時に観た。それは真っ白で、純白で、泡が立っていた。まるでカエルの卵のように生々しくと混合していたのだ。交し合った証拠であった。ねえ、わたし、もっとストレートでピュアなセックスがお好みよ。どうしてこんなに荒れちゃったのかしら? ねえ、どうして? 剛君は困った顔をした。正直に困惑していた。これはお前が望んだことじゃなかったのか、と。不思議で仕方がなかった。よし、俺たちやり直そう。また一から。そうね、それがいいわ。子供に戻りましょう。そうだな。なあ、海にでも行くかい? いいわね、とても素敵よ。ああ。そして遥と剛は素っ裸のまんま泉を離れて海を泳いだ。宮古島の海。あの日、夢見た場所。さあ、やりなおすのよ。なにもかも。だってそうでしょ? 私たちは恋し合っているの。愛し合っているわけではない。恋なのよ。純情な恋物語。大人の恋愛なんかこりごりだわ。

 その時。世界が目まぐるしく変わる。

 今、真っ黒な闇の中にいた。そこにはろうそくが一本だけ灯されている。完全なる密室。その世界にはふぉーふぉーとしたうめき声だけが響き渡っており、これがはたして官能的な喘ぎ声だとは誰もわからないほど、くわえられた猿ぐつわからはよだれが執拗とたれ流

コメント