スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 最終話特大号

   正樹は戸惑いながらも訊いてる事が分からないとでも言いたげに答えた。彼の頭の中は今、正に動転していた。 「だから、お前の気持ちはどうなんだよ」  苛立ちを見せた態度で智彦は言った。 「ああ、そうだな …… 」   正樹は正気へと戻り、冷静に言葉を探した。そして思った。   前にも同じ様なことを考えたが、友情が日増しに掛替えのない物となっている今、智彦の思いを裏切るわけにはいかない。ましてやこの世界の彼は、恵の事を正樹よりもずっと昔から想っていた。正樹はそれを思うと、智彦に対してとても哀れにも似た感情にさえなる。   やはり、身を引こう ―― 。   正樹は自分が恵と付き合うことで彼女をまたしても不幸になどしたくはない。自分に縁がないのならば、世界を変える大罪は、やはり全てを良からぬ方向へと未来を進ませるだけだろう。いや、その前に何もかもが消滅してしまう。   正樹は、たとえばもう一つとも言うべき第三の現実的世界があったとして、恵に再び出会い、関係を築いただろうと信じながらも、しかし、その三つある全ての世界の内一つだけは、少し離れた場所からそっと彼女を見守る愛し方もあるのだと、彼は心にそう言い聞かせた。   正樹は今、遠く上空に見える雲の流れに目を細めた。只、自然 に、 風に流され場所へと向かうその物体は、まるで人生における宿命を思わせた。   正樹は、一つ溜息を隠しながらもした後、智彦へ向いた。 「お前とならきっと良い方向に行くと思う。俺が言えることはそれだけだよ。大丈夫、全ては上手く行くさ」  発せられたその言葉は、少しばかり涙混じり に 揺らいだ。 「それじゃ、協力してくれるか ? 」  智彦は笑顔になって訊いた。 「ああ、勿論。それで、俺は何をすれば良いんだ ? 」  苦痛に満ち溢れながらもそれを押し殺し、やや無感情的に落ち着いた調子で正樹は 訊く 。   智彦が正樹に寄ってきた。彼はまるで誰にも聞かれてはならない様に小声で「実はな、あいつに気持ちを探って欲しいんだ。俺の事どう思っているのか訊いてみて欲しい。それでな、その答え次第で最終的に告白するかどうか決めようと思ってる」と、話した。 「そうか …… 」  言って正樹はもう一つの世界の自分を思い出した。   そう言えば、恵と関係を持つ前、智彦に相談しようとしていた事があった。それがこの話だ。世界はやはり

オーミチャー「少年探偵団2」 2

 オーミチャー「少年探偵団2」 2

童なのよ。だって、同級生よりも、誰よりも精神年齢は年上ですもの。今に見ていればいいわ。どうせ追い越すのよ。いつかはあなたたちを見下すの。見下ろして笑うのよ。そして餌を与えるの。ほうれって。わたしの言うことを聞かないと、ご褒美は与えないの。代わりに鞭でお仕置きしてやるんだから。世の下僕どもよ、今のうちに見下してなさい。笑ってなさい。わたしは負けないわ。

 くじけそうになる時もある。死にたくなることは何回でもあったし、殺したくなることだってあった。でも我慢した。必死でこらえた。精神状態は異常をきたしていようとも、やよいは耐えてみせた。口ごもりになろうとも喋った。思いをぶつけた。意見を述べた。

 わたしはあなた方と同じ人間なの。言いたいことはたくさんある。

 特殊学級は口の悪い生徒ばかりがいる。発達障害と一口に言っても、その類(無感情)の障がい者もいるからだ。仕方がなかった。オーミチャーはそれらの中で勉強を共にするのがつらかったけれど、なにせ一般と特殊をさまよう精神状態なのだから、一般学級へと戻ったところではじかれるだけだと思い、我慢するしかなかった。

 ――どちらにせよ、わたしは罵声を浴びながら生きていくしかないのね。

 辛い、辛かった。

 障がい者にすら馬鹿にされるわたしってなんなのかしら? 考えたことがある。行き着く答えは人間以下

 わたしは、わたしは、日本語をしゃべる豚なの? うまくしゃべれない豚以下なの? くるしい。とってもくるしいわ。どうしてでしょう? わたしはどうせミンチ肉になってハンバーグの具材になるのだわ。そしてバーガー屋さんで販売されるの。一番安いピクルス抜きのハンバーグよ。ひどいでしょ? 所詮こんなものだわ。わたしは高級バーガーにすらなれないの。ひどいひどいアバタ顔。まるで病気にかかったみたいに酷い顔だわ。言葉も濁ってて、きたないったらありゃしないのだものね。仕方がないわ。こうなったら麻婆豆腐の具材よ。もしくはジャージャー麺。それでも贅沢ですって? じゃあなに? 饅頭? それでもだめなの? 何よ、言いなさいよ。はっきり言えばいいじゃない。わたしのたどり着く場所は豚小屋のえさ箱だって。それとも鳥小屋? 鳥獣の糞に紛れるの? 馬鹿にしてなさい。そうやって馬鹿にしているがいいわ!

 特殊学級にはトランポリンがあった。そいつで憂さ晴らしするのが日課みたいなものだ。飛んで跳ねて一緒に飛ぶ奴を蹴り飛ばしてげらげらと笑う。もう、どうでもよかった。

 人生なんて考えるだけで疲れるだけなのだから。わたしは遊んで大人になるわ。そうきめたのよ。神様。いいでしょう?

 やよいはまともな話し相手がほしいと思うときがある。この学級で、だ。

 しかしそれもかなわぬ夢なのだものね。それが逃れた者の宿命、天罰のようなものなのだわ。わたしは逃れたのよ。れっきとした逃亡者。一般階級から逃れた旅人と言えばかっこ付くかしら? いいえ、そんな生易しい言葉ではないわ。わたしは負け犬なのよ。

「おい、やよい!」

 クラスメイトが発した。

「なに?」

「おまえのおっぱいどうなってんだ? みせてみろよ。ぎゃははは!」

 あきれ返るしかない言葉だったが、やよいもそろそろ頭が麻痺しかけていた。

 わたしももう狂ってしまいそう。こんな人間ばかりで。でも、同じ可哀そうな人だものね。おっぱいくらい見せてよくてよ。

 そして服を脱ぎ去る。乳首は桃色に勃起していた。皆が一斉に見やる。まだまだ小学生な彼女の胸などふっくらともしていない。男子児童と同じようなものだった。だがしかし、乳首の形が異なることに気が付いた男子は、おもわずおちんちんを勃起して見せる。

 ほうれ、俺のも立った! 立った! 

 やだっ! へんたい! 

 だけども気になる。やよいもまじまじと恥ずかしいところを見る始末で、どうにもこうにも後戻りできなかった。

 全部脱いじゃえ! 

 一人の男子が言うと、皆で全裸になりトランポリンを踊った。その中にやよいも含まれていた。

 嗚呼、こんなわたしでも見てくれる人はいるのよ。そう、欲する者はいる。世の中も捨てたものではないわ。

 そんなことをのちのち気にし始めるころには、取り返しがつかないことになっているわけだが。

 

 やよいは今夜、初めて金縛りのような症状に見舞われた。

 あぅぅ、くぅぅ。

 よだれがただれるほどに苦しかった。息が出来なかった。それでも懸命に息を吸おうと頑張る。駄目。体中が痙攣している。震えだけで、あとはピクリとも動けない。完全な、完璧な、金縛りだ。

 ほうしてぇ(どうして)? ほうして(どうして)こえがでないの――? 

 心境の中ながら、なぜか口ごもっていた。それが何か不自然に感じたし、おかしいとも思った。嗚呼、だれか、だれか、たすけて――! 声のでない者に、だれも助けへ来ることはない。二段ベッド下の児童すら、すやすやと寝ていた。まさに窮地。

 人の姿が突然と胸上に浮かび上がる。

 もはや物体。れっきとした現実空間の物である。いや、者であった。

 手を伸ばしてきた。首元に腕が回る。すると、途端にきつくきつく締め付けてくるではないか。嗚呼、嗚呼、ころされる……。ころされる……。やよいは必死で抵抗しようとした。初めから息はできないことを忘れているほどに、彼女は完全とパニック状態へ化していた。

 いや、いやよ! だれか、だれでもいい。たすけて! たすけてぇ――

 たまらず絶頂となり、突然この場面で意識を失った。

 ――とんとんとん、とんとんとん。誰かが肩を叩く。やよいは目を覚ました。うぅん……。ねえ、大丈夫? 彼女を起こしたのは共同部屋のひとり。ああ、夢だったんだ……。よかった……。ハッとなり、やよいは手鏡を確認する。やっぱり――。顔も現実のまま。

「これはね、心霊現象なのよ――!」

 その子は言った。

「そうかなぁ?」

「そうよ! そうに決まってるもの!」

 わたし、これからどうなっちゃうんだろう? ふと、思いを巡らせた。

 やだっ! どうしよう。わたし、見てはいけないものをみてしまったのだわ。ひどい! そんな、そんなにわたしの顔が醜いからってなによ。幽霊さん、あなたはわたしのお友達でも何でもないわ。もうこないで! 出てこないでちょうだい。迷惑よ! わたしは迷惑しているの。だってそうでしょう? あなたは人間ではないのだもの。わたし? わたしは人間ですもの。こんな顔しているけれど、わたしは立派に生きているの。なによ! そうやって馬鹿にしていればいいわ。わたしを馬鹿にするために現れたのでしょう? じゃあ、どうして? どうしてなの? あなたの望みは何? わたしがほしいと言うわけではないでしょう? 命? もしかして、いのちがほしいの? わたしを殺してあなたが生き返るとでも言うの? そんなのゆるされない。だってひどい話じゃないかしら? わたしはわたしであなたはあなたなんですもの。そんな取って代われるものでもなくてよ。それでもほしいの? いいわ。それならわたしの顔だけあげる。それでよくて? なんですって! いやなの? そんな化け物のあなたですらわたしの顔が醜いと思っていたのね! ひどい! もうしりません。あなたはあなたでやってちょうだい。わたしはしりませんから。もう金輪際、わたしはあなたの姿を見ないの。全然、意識しないわ。あなたの方がひどいありさまだからよ。わたしよりもあなたの顔がひどいの。お分かりかしら? さあ、かえって! かえってちょうだい。あの世にでもどこにでも行くがいいわ。

「やよい、これからどうするの?」

「決まってるじゃない。塩よ。御守りよ」

「そんなの利くかなぁ?」

「だいじょうぶよ。きっと……。そうに決まってるわ」

「やよいってつよいのね」

 これまでどれだけもまれたと思って?そう発しかけて止まった。言うべきではない。そう思った。みんなもわたしの辛さを知りなさい! そういうことは話したくなかった。自分自身でカタを付ける。それでいいと思っていた。しかしそれは間違いだったと後悔した時ほど悔しくて涙は止まらなかった。それは毎回のことだ。毎度のことであった。

 いちかけるさんかけるきゅうわるななたすさんわる……。こたえですって? その答えはミックスジュースよ。あなたの頭の中も、わたしの顔みたいにミックスジュースになるの。どう? とってもすてきじゃないかしら? これでいいのよ。それでいいのですものね。なにをはむかうおつもりかしら? わたしはシンデレラなの! シンデレラにはむかう下僕ほどみじめなものはないわ。いい? あなたはアバタ姫なの。麻婆豆腐のお城にお住まいかしら? あなたの好みは中華でよくって? そうよ、中華も素敵なの。とってもおいしくて、ほっぺたが落ちちゃうくらいに目玉がとろけるのよ。どう? おきにいりでしょう? ほら、そうやって冷たい目でわたしを見るのね。いいわ、一生そうしてなさい。わたしはもう知りません。あなたは幻のアバタ城で豆腐と仲良くおやりなさいよ。釘も刺さらないような豆腐でよろしくて? あなたの麻婆は豆腐が全て砕けて滅茶苦茶なのよ。そう、わたしの顔のように。え? それじゃあ、わたしも同じじゃない! いやよ、そんなのぜったいにいや――

「どうしたの? やよい? だいじょうぶ?」

コメント

人気の投稿