スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 最終話特大号

   正樹は戸惑いながらも訊いてる事が分からないとでも言いたげに答えた。彼の頭の中は今、正に動転していた。 「だから、お前の気持ちはどうなんだよ」  苛立ちを見せた態度で智彦は言った。 「ああ、そうだな …… 」   正樹は正気へと戻り、冷静に言葉を探した。そして思った。   前にも同じ様なことを考えたが、友情が日増しに掛替えのない物となっている今、智彦の思いを裏切るわけにはいかない。ましてやこの世界の彼は、恵の事を正樹よりもずっと昔から想っていた。正樹はそれを思うと、智彦に対してとても哀れにも似た感情にさえなる。   やはり、身を引こう ―― 。   正樹は自分が恵と付き合うことで彼女をまたしても不幸になどしたくはない。自分に縁がないのならば、世界を変える大罪は、やはり全てを良からぬ方向へと未来を進ませるだけだろう。いや、その前に何もかもが消滅してしまう。   正樹は、たとえばもう一つとも言うべき第三の現実的世界があったとして、恵に再び出会い、関係を築いただろうと信じながらも、しかし、その三つある全ての世界の内一つだけは、少し離れた場所からそっと彼女を見守る愛し方もあるのだと、彼は心にそう言い聞かせた。   正樹は今、遠く上空に見える雲の流れに目を細めた。只、自然 に、 風に流され場所へと向かうその物体は、まるで人生における宿命を思わせた。   正樹は、一つ溜息を隠しながらもした後、智彦へ向いた。 「お前とならきっと良い方向に行くと思う。俺が言えることはそれだけだよ。大丈夫、全ては上手く行くさ」  発せられたその言葉は、少しばかり涙混じり に 揺らいだ。 「それじゃ、協力してくれるか ? 」  智彦は笑顔になって訊いた。 「ああ、勿論。それで、俺は何をすれば良いんだ ? 」  苦痛に満ち溢れながらもそれを押し殺し、やや無感情的に落ち着いた調子で正樹は 訊く 。   智彦が正樹に寄ってきた。彼はまるで誰にも聞かれてはならない様に小声で「実はな、あいつに気持ちを探って欲しいんだ。俺の事どう思っているのか訊いてみて欲しい。それでな、その答え次第で最終的に告白するかどうか決めようと思ってる」と、話した。 「そうか …… 」  言って正樹はもう一つの世界の自分を思い出した。   そう言えば、恵と関係を持つ前、智彦に相談しようとしていた事があった。それがこの話だ。世界はやはり

オーミチャー 19

オーミチャー 19 

 酔っぱらっている――。自分でもそう思った。どうやら日本酒が利いてきたらしい。それにしても酒が弱くなった。疲れているのね、わたし。

「彼とは釣り合わないのかも……。わたしが」

「おい、姉ちゃんがかよ! まったく、酔ったみてえだな。らしくないぜ」

「本気で言っているのよ。わたしはしょせんアゲハチョウ」

「堅気のカエルとは合わねえわな。食われちまう」

 ぷ、はっはっ! お互いに笑い転げた。

 もう、彼はカエルじゃなくて人間なの。標本にされるって言ってほしかったなぁ 

 標本かよ! 悪くねえな。ぷ、はっはっ――! 

 楽しい夜だ。愉快そのものである。やはり兄弟ってよいものね。思うと可笑しさが収まった。

 ねえ、今日、わたしのうちに泊まっていく? 

 なんだよ? 突然。セックスはしてやらんぞ。

 うふふ そんなんじゃないわよ。わたしは只、兄弟で仲良く添い寝したいだけ いいでしょう? 

 まあ、それも含めて今日の話は悪くねえわな。

 またアゲハチョウのこと? 

 そうだよ、他に何がある? ぷ、はっはっ! 

 またしても二人して笑い転げた。

 後日、彼氏宛に手紙を書いた。別れのあいさつ。会って話すと別れられなくなっちゃうものね。それだけわたしはあなたのこと愛していました。決して長文ではなかったが、伝えたいことはすべて書いたつもり。電話はかかってこない。着信拒否に設定したからだ。元々から公衆電話の番号は受けない。東京の別れはそっけないものね。これが田舎だったらどうだったでしょうね? 考えただけでもゾクッとする。ストーカー被害どころか殺人事件にまで発展していたかもしれない。それ位に地方の恋愛というものは尾を引くものだ。

 わたしって惨めよね。そう思う。

 だってそうでしょう? 人生の初めから最後まで普通じゃなくて、それが染み付いてしまっていて、恋愛さえ純情で居られないだなんて。どんどんどんどんおかしくなっていっているわけじゃないの。初めからおかしかったのよ。それがわたしの運命でもあるように。狂っているのよ。狂わされたの。母が異形の精子を受け止めた瞬間から、もしくは、母の性病が胎児に異変を生じさせたときから。これじゃまるっきり瞬間から闇社会ではないのかしら? 表社会の人間が鼻をつまんで見向きもしないそんな世界があるのよ。でも別れた彼は知らないでしょう? 彼だって群衆の中のチンパンジー。どうせ熟した黄色いバナナしか好物ではないわ。わたしなんかチョコレートバナナよ。そう、本物の茶色いバナナ。糞バナナなの。腐ったバナナなのよ。彼にはわたしが理解できないでしょうね。それもそうよ、わたしだって彼が理解できていないのだから。一般人ってどんな世界なのだろうって夢を見たことはあるわ。現実に体験しているとも感じていた。そう、この東京へ来た時に、別れた彼と出会った時に。無理だったのよ。所詮、夢幻でしかなかった。油と水が混合しないように。不可能だったのよ。中性子? この世界にはないわ。あるとすればお茶の間のテレビだけ。ラジオだけ。でも、それも二次元であって幻のようなものでしょう? 違うかしら?

 苦しくて悔しくて、酒を浴びた。毎晩も続く。尋常じゃないほどの量。早く彼のことを思い出にしたいと願うほど、彼の太いペニスの香りを忘れようとするほどに、酒と男と涙と奇声の毎日。

 ヘネシーは大好きなの。ナポレオンの銘柄でXOが好みだわ。それにね、美味しいじゃない? 所詮、高級酒しか似合わないのよ。地酒? 日本酒も悪くないわ。大吟醸のほうだけどね。きいてきいて! わたしね、じつはいうとお酒の味わからないの。なのにヘネシーだとか笑っちゃうわよね。そうではないのよ。雰囲気がそれに染まっちゃってるってことなのだから。わたしの背景のように感じちゃうの。不思議でしょう? でもね、たしかに整形した時から世界は変わったわ。昔ならどぶろく酒よ。もしくは爆弾。しってる? メチルアルコールのお酒。ジェット燃料に使われているのよ。それを飲むと失明しちゃうの。大変でしょう? それでわたしのあばた顔が見えなくなっちゃって、麻婆豆腐のぐつぐつした喘ぎ声で男たちはエクスタシーを感じるのよ。うふふ 少し酔っ払っちゃったかしら?

「姉ちゃん、いい加減にしときなよ」

「なによぅ? お酒返して!」

 駄目だ。いいかい? 姉ちゃん。酒は飲んでも飲まれるなってよ、良く言うだろ? 今日はもう終いにしときなよ。

 嫌よ! わたしの体はわたしが良く知ってるの! どんなに飲もうがわたしの勝手でしょう? 飲ませて! 

 だ、め、だ。グラスは渡さねえぜ。さあ、姉ちゃん。言う事聞いて眠りな。

 だって飲まなきゃ眠れないんだもぉん 

 仕方のねえ姉ちゃんだなぁ。だったらもう少しだけだぜ。ボトル少し残してあとは捨てるから、これだけ飲んだらもう寝るんだ。いいかい? 姉ちゃん。

 ふん! 分かったわよぅ! 

 約束だぜ? 

 分かったったらぁ!

 琢己は帰った。途端にさびしく感じる。やよいは泣きたくなった。泣いた。

 どうせ結局は孤独になるんじゃない! どうして? どうしてこうなっちゃうの? 茜が出てくる。

 このままいったら弟にもそっぽ向かれるかもね。そしてあなたは無人島生活よ。あっはっはっ! ざまあないわよね。脚光を浴びた先でこんなん成るなんて あなたも可哀そうな女ね 

 御だまりぃ! 茜? いいかしら? わたしはあなたがいい人だと誤解してた。自分にうぬぼれていたのかもしれない。でもね、あなたのこと信じ始めていた。もしかしたらマリヤ様なのかもって。でも違うのね。結局あなたは悪魔なのよ。どうしてそんなに酷いことが平気で言えるのかしら? いいかしら? 茜。もう終いよ。だから早くわたしの身体から出て行ってちょうだいな。

 やよいがポンに手を出すのは時間の問題。あとは売人を探すだけ。もちろん、弟のルートからは入手できないだろう。それは分かっている。だからこそ難しくさせている。東京は弟のアジトみたいなものだ。縄張りである。関東地方を占めているといっても過言ではない。

 手に入れるには名古屋まで足を運ばなければ。もしくは向こうさんの売人を出張させるか二つに一つよ。つまりはコネクションが必要ね。

「姉ちゃん、薬やってんのか?」

 どうしてわかったの? 思った。

 瞳孔確認すりゃ一発でわかるんだよ! 姉ちゃん、思いっきり開いてるぜ。外出する時はサングラス掛けな。職務質問で捕まっちまう。それで? やっちまったんだよな? あぶりか? 注射か? どっちだっていい。今なら助かるぜ。やり始めは中毒にならねえんだ。セックスはまだだろ? それもやっちまったのか? それじゃ終いだぜ。絶頂極めたらおしまいよ。抜けられねえ。女はそれが怖いんだ。ポン中のほとんどは女のほう。男が駄目にする。姉ちゃん、何でおれに相談しなかったんだ? そんなに苦しかったのか? 引退すりゃよかったじゃねえか。そこまで俺の商売に付き合わなくてよかったんだ。俺も姉ちゃんがポンやるとまでは思っちゃいなかった。甘かったよ。本当に甘ちゃんだ。後悔はしてねえのか? どうなんだよ?

「わたしから離れて……。もう会うのはやめましょう」

 わたしはいけないアゲハチョウ。ようやく朽ち果てる時が来たのよ。茜、嬉しいでしょう? 早く出てきなさいな。失笑したい? 思い切りよく笑うがいいわ。もはや悔しくも何とも感じないもの。わたしはアバタ姫。シンデレラにはなれなかったのよ。麻婆豆腐は鷹の爪っていうじゃない? 違うかしら? それともラー油? コチジャン? 料理については全くの素人じゃない。それと同じで男にも素人なのよね。わたしったら誤解しぱなっし。男、分かったつもりで全然わからないんですもの。ペニスをもてあそぶのは男を知っているのとは少し違うでしょう? 性的なものと思想的なものと。わたしの理想はなんだっけ? そうそう、真面目な男よ。嗚呼、余計な事を思い出しちゃった。別れた彼氏のこと考えちゃうじゃない。女ってあっさりしているというでしょう? 男はドロドロしてるって。よく言うじゃない? その逆もしかりなのよ。それを体験している。ねえ、茜。聞いてる? 早く出てきなさいな。言いたいことは分かっているけれども、それでもさびしいじゃない。わたしの話し相手になってちょうだいな。ねえ、茜。茜が出てくる。

 あなたも可哀そうな女ね。まあ、そんな事は分かっていたことだけど。それにしても覚せい剤やるだなんて信じられない。わたしはそこまでいくとは考えていなかったわ。それでね、わたしは迷惑しているのよ。オーミチャー、あなたがポンをやって酔うと言う事はわたしも酔うということ。ホヤキ代で全財産失いたいのかしら? でも、それも素晴らしい話だわ。あなたの言うとおり、わたしはあなたの身体から抜けたいけれど。それは無理みたいなの。呪縛したが最後。抜けられないのよ。そこまで都合がよくないみたいなの。これって仕方のないことかしら? オーミチャー、せいぜい苦しみなさいな。快楽を得てちょうだいな。

 

 

 シャブの世界は幻のようで現実。密室の中はザナドゥ。思い切りよく汗をほとばしり、

著書一覧と連絡先 無料小説 アマゾン出品物 ファンボックス 写真素材

コメント

人気の投稿