運タマギルー 1

 運タマギルー 1

運玉ギルー

著者:滝川寛之

 

 

 第一印象はあてにならない。確かそういう話を誰かから聞いたことがある。はて? それはどこでだっただろう? 昨日のトイレ回数と似ていて、なかなか思い出せない。ベッキーは、めぐる記憶に翻弄されながらも前を歩いていた。

 この町は人口の頭数よりも圧倒的にサトウキビ畑が多い。けれども住宅密集地は当然あって、一軒の大型スーパー近郊に住む彼女は、なんだか直ぐ近くの緑林というものが遠い存在にあるような気がしてならなかった。

 西原町には北南へ横に長い敷地を持つ製糖工場があ。そこから漂うべっとりとした甘さを感じる特徴的な香りはいつまでたっても慣れなかった。ケーキという肥料があるのだが、それと瓜二つというか全く同じだといっていい。そんなことはその肥料自体がサトウキビの粕で出来ているんですもの。当然ではないかしら? 誰かが発したその言葉は頭にこびりついてやまない。へえ、サトウキビの粕って黒砂糖の色をした肥料になるのね? そんなことを思いながら。

 町のはずれには小さなパプテスト教会がある。ベッキーの家族は毎週日曜日にそこへ通っていた。教会というものは白いペンキ塗装が印象的で、十字架をてっぺんに掲げる三角屋根はたいていの場合、ファンデーション色のギリシャ瓦。

 牧師のアンダーソンという日系人は、遠いハワイ諸島からの移住民で、ハバ! ハバ!というジョークをよくすることから察せる通り、とても陽気な大人。彼はケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダースのような白ひげを蓄えている。年は結構なものだ。

 ベッキーはイギリスと日本人女性のハーフである。なのでアンダーソン牧師家族とは馬が合ったものだから教会は余計に楽しかった。しかしながら彼女は会話に英語を使うことを極力避けた。なぜなら学校では硬い硬い日本語を使うからだ。石ころみたいな文学を覚えるためには、日常なるたけ日本語に慣れておく必要があったのである。

 でもパパは日本語がへたくそなの。だって働いているところが沖縄で一番すごい嘉手納基地なんだもん。友達もアメリカ人ばっかりだし。でもママはね、何でも話せるのよ えへへ すごいでしょう? だからベッキーはパパと話すときだけ英語を使うのよ

 ベッキーの自慢はいつだってママ。

 えっと……。ママはね、芸能人みたいにとってもとっても美人さんなの。誰に似ているかっていうと、中村アンていうモデルさんみたいな感じ。でもでも! 少しふっくらしている感じかしら? スリムよりもグラマーなの。やっぱりパパの食好みに合わせているせいかもしれない。ほら、アメリカ人に友達多いとアメリカ色になりがちじゃない? たっぷりチーズとサラミを乗せたピザだとか、ピクルスの効いたハンバーグだとか。でもでも! それっておいしくてやめられないのよね。わたしも大好き うふふ

 ベッキーには年の離れたお姉ちゃんがいる。四歳差だ。彼女はとてもお父さんに似ていてやや肥満児。フェイスは美顔なのだがふっくらしている。全体的に太っていなければ男児にもてたであろう残念な容姿をしていた。それをお姉ちゃん自身は一向に気にしていないみたいで、ベッキーはこれもそれもパパと似ているからかな? と勘ぐって何も言わなかった。

 ママに似ているのは姉妹の中でもベッキーのほう。だけどもフェイスは中村アンが外人になったようなハーフ顔で、それはそれはママ以上に美顔の持ち主。体もほっそりしており、ヒップラインは幼少の頃より美しかった。それをお姉ちゃんはうらやましがらずにもてる女は苦労するのよ。と助言だけしていた。

 今日があって明日があるように、明日があって今日がるようなものだ。確かにそうだろう。しかし、まだ幼少のベッキーにとってみれば、今日は今日で明日は明日なのである。それはお天道様が決めたことではない。彼女自身の判断。なものだから、彼女にとってみれば今日は今日の姿があり、明日は明日の姿。自身の容姿を気にすることなく、低学年では泥んこに砂遊びと言った男児顔負けの放課後あそびをよくした。

 それも小学生高学年になるとすっぱり縁を切る。今度は貝殻で乳首を隠すビーナス像を意識したように、性別的な恥じらいを覚えはじめた。きっかけは醜いわき毛と恥毛が生えてきたことによる羞恥心。もう! どうしてこんなに香ばしくていやらしい汗のにおいがする毛が脇とあそこから生えてくるの? 憎たらしすぎる。自身の体が憎たらしいのだ。ベッキーからしてみれば体毛は鼻毛のそれと同じ扱いのようなもの。とにかく抜いてぬいてぬきまくってやるんだから! 毎晩、毎晩、彼女は小さいピンセットでわき毛と恥毛を抜いた。肌が赤くはれる。けれども構いやしなかった。痛さが快感だなんて嘘。その事については将来的にも否定するのだが、わたしはもしかしたらマゾヒストなのかもしれないなどと勘ぐりアナルを自身で責めたりもした。小学六年生がアナルに指を突っ込んでオナニーするのだ。このころから赤い血が臭う性の快楽に目覚めてゆく。わたしったら本当はいけない子なの。それがまた、たまらなく淫乱にしてゆく。嗚呼、マリヤ様。女の悦びをありがとうございます。

 はじめてのオナニーは飴色のおしっこを我慢するところから入った。授業中トイレを我慢しているときに偶然発見した快楽。クリトリスが擦れて気持ちが良いの。だって、おしっこが出ないように股をぎゅっとして合わせているでしょう? 女はそれがたまらないものなのよ。それから放尿する。全てに解放されてでるおしっこは、まるで潮を吹いたかのような赤面色。

 沖縄の空はとてもよく透き通っており青色だ。時折流れてくる千切れ雲がチェリーブロッサムのサクランボのように、丁度良くアクセントになっていてたまらなかった。

 公園の芝生に寝っころがって緑の匂いと滴の冷たさと枯葉の匂いを嗅ぎながら見上げる大空はとにかくサービス旺盛にこちらへ立派に見せつけてくれた。それにこたえるようにしてワー! 大声を出す。嬉しい方のワー!だ。怒りの、悲しみの、叫び声ではない。

「ねえ、お姉ちゃん。中学校は楽しかった?」

「ええ。もう来年は高校生になるけれど、中学校にはいい思い出がたくさんあったわ」

「中学校かぁ……。来年楽しみだなぁ

「ベッキーも楽しめるわよ。きっと。うん、きっとそうよ」

 この敷地には色んな遊具がある。ステンレス製の流しそうめんのような滑り台に、海上へぽっかりと浮いていそうな大きなボールでできたぶらんこ。鉄パイプ製の懸垂台。一枚板であろうシーソーに、大型トラックのタイヤでできた跳び箱まである。それらのうち姉妹はブランコを選択して芝生から移動した。

 お姉ちゃんは翌年からダイエットに励むわね、と話していたが果たして本当だろうか? ベッキーはそのことを記憶の片隅にだけおいて、とりあえず何も考えないようにした。中学生活が楽しみな反面、不安でならない。もし、誰か好きな人が出来ちゃったらどうしよう。わたし、本当は好きな人が居るんだもの。学君……。わたしはあなたが好き。

 学と言う男の子は同じ年だが、小学でクラスが一緒になったことは一度もなかった。言ってみれば会話もしたことが無い。一方的な片思いである。中学校からは三つの地区(三つの小学校)から学生が集まる。そんな中でこの片思いを一途にいられると言う事は中々に難しいと思ったし、ベッキーは男子児童に人気の女子だ。モテないわけではなかった。心移りは何パーセントかの確率であるかもしれない。断言はできないが、ゼロではないのだ。嗚呼、イエスキリストさま。私は冷水を浴びるつめたい懺悔を受けたいのです。何故ですかって? そう、冷たい水をかぶって目を覚ましたいからです。頭を冷やしたいのです。夢からさめたいのです。だってそうでしょう? わたしはいつまでお父さんの男根を材料に学君のそれを想像してオナニーしなければならないのですか? それじゃあんまりでしょう? よりによってお父さんの男根なんですもの。元々は肉親のペニスなんですものね。いけない女。酷い女。

 ベッキーはエロティック漫画をたまたま読んだことがある。お姉ちゃんが少女コミックスと一緒に購入していたヤングマガジンと言う漫画雑誌の中にそれがあった。お姉ちゃんは甘いお菓子と同等に大の漫画好きでもある。小学生のころからあらゆる漫画を愛読していて、そのつまみ食い(借り本)をベッキーがしているようなもの。アナル責めのオナニーを覚えたのも、元はと言えば表紙からグラビア水着の淫乱写真で始まるアダルトコミックスの影響である。めくった先には尻を立てておねだりするグラビアガール。いつもながら水着から破裂しそうな豊満な胸を、背中をくねらせて更に強調するポーズで決めつけている。嗚呼、あなた達ったら本当によだれを垂らして勃起している男の餌だわね。でもあれでしょう? まさか女の子がこの写真を観てクリトリスを勃起させながらオナニーしているだなんて考えてもみない事でしょうね。

 ベッキーのはしたない言葉はすべてエロティック漫画から来ている。そこから言語を頂戴した。もちろんかわいい女の子が現実では使えないものばかりだ。マスターベーション、オナニー、アナル責め、バギナ、エロ、フェラチオ、中出し、ザーメン、潮吹き――。淫乱な言葉は他にもたくさんあるけれど、一通り整理してみると、自身のオナニーに必要な言葉はこれくらいのもの。それを自分が言葉責めに遭っているかの様子を想像して毎晩オナニーをするのである。学君。わたしね、小学校六年生でオナニーをしているの。とっても大人でしょう? 貴男とだったらいつだってオーケーなの。心の準備はできています、ご主人様。さあ、わたしを巫女にしてください。生贄にしてください。精子を顔中に塗りたくって微笑んでビンタを張って。わたしはマゾヒストで淫乱娘。あなたのためなら何だってできます。

 やがて初夏から燦々の真夏になると不二家ネクターが美味い。それからそれから真っ赤かの太陽みたいなスイカだ。夏休みはエアコンが手助けしており快適である。お盆は旧盆に祝い、そのなかでもエイサー大会がとにかく楽しかった。花火大会も良い。さあさあ! と旧盆も終わりを告げると月刻がみるみる過ぎゆき外界は時間と彼岸を追って秋になる。

著書一覧と連絡先 無料小説 アマゾン出品物 ファンボックス 写真素材 ニュース 質問箱

ユーチューブ 無料占い鑑定 ココナラ出品物 株式銘柄 慈善活動 公式ヒロキリスト

コメント