スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 最終話特大号

   正樹は戸惑いながらも訊いてる事が分からないとでも言いたげに答えた。彼の頭の中は今、正に動転していた。 「だから、お前の気持ちはどうなんだよ」  苛立ちを見せた態度で智彦は言った。 「ああ、そうだな …… 」   正樹は正気へと戻り、冷静に言葉を探した。そして思った。   前にも同じ様なことを考えたが、友情が日増しに掛替えのない物となっている今、智彦の思いを裏切るわけにはいかない。ましてやこの世界の彼は、恵の事を正樹よりもずっと昔から想っていた。正樹はそれを思うと、智彦に対してとても哀れにも似た感情にさえなる。   やはり、身を引こう ―― 。   正樹は自分が恵と付き合うことで彼女をまたしても不幸になどしたくはない。自分に縁がないのならば、世界を変える大罪は、やはり全てを良からぬ方向へと未来を進ませるだけだろう。いや、その前に何もかもが消滅してしまう。   正樹は、たとえばもう一つとも言うべき第三の現実的世界があったとして、恵に再び出会い、関係を築いただろうと信じながらも、しかし、その三つある全ての世界の内一つだけは、少し離れた場所からそっと彼女を見守る愛し方もあるのだと、彼は心にそう言い聞かせた。   正樹は今、遠く上空に見える雲の流れに目を細めた。只、自然 に、 風に流され場所へと向かうその物体は、まるで人生における宿命を思わせた。   正樹は、一つ溜息を隠しながらもした後、智彦へ向いた。 「お前とならきっと良い方向に行くと思う。俺が言えることはそれだけだよ。大丈夫、全ては上手く行くさ」  発せられたその言葉は、少しばかり涙混じり に 揺らいだ。 「それじゃ、協力してくれるか ? 」  智彦は笑顔になって訊いた。 「ああ、勿論。それで、俺は何をすれば良いんだ ? 」  苦痛に満ち溢れながらもそれを押し殺し、やや無感情的に落ち着いた調子で正樹は 訊く 。   智彦が正樹に寄ってきた。彼はまるで誰にも聞かれてはならない様に小声で「実はな、あいつに気持ちを探って欲しいんだ。俺の事どう思っているのか訊いてみて欲しい。それでな、その答え次第で最終的に告白するかどうか決めようと思ってる」と、話した。 「そうか …… 」  言って正樹はもう一つの世界の自分を思い出した。   そう言えば、恵と関係を持つ前、智彦に相談しようとしていた事があった。それがこの話だ。世界はやはり

オーミチャー 最終

 オーミチャー 最終

昔に忘れてしまっており、どうにもならなかった。

 仕方なく、悪いと思ったけれども書斎を物色することにした。名刺くらいはあるだろう。そう思っての行動。

 書斎に入る。するとどうだろう? 綺麗に整えられたデスクの上に一通の手紙が置かれていた。

 はて、なんだろうか? 

 そんなことは思いもしなかった。目的はあくまでも名刺である。 

 結局、目的は果たせなかった。名刺がないのである。

 さて、困った。

 ふう……。と息を吐いてからデスクの手紙を目視する。

 お姉ちゃんへ。宛先にそう書かれてあることに驚きを隠せなかった。

 手紙を確認する。

『前略。俺の大事な姉ちゃんへ。

 姉ちゃん、今頃、俺の名刺でも探してるんじゃねえのか?

 そう思って名刺は予備を含めて全部持ってったよ。この手紙に気付いてほしいからな――

 弟の遺体はいまだ上がっていない。手続き上は行方不明者のままだ。

 手紙によると、シャブの売人関係のトラブルで命を狙われているとのこと。売人をやめれば足がつかないように尻尾きりで皆そうなる運命だと書かれていた。なのに弟はやよいのために売人をやめると約束した。それにはよっぽどの覚悟があってこそのものだったろう。

 やよいは泣いた。悔しくて悲しくて泣いた。

 琢己はもう帰ってこない。そう察した瞬間から命が亡くなったような気がした。

 姉ちゃん、いいかい? この手紙を読んだらすぐに逃げるんだ。金なら貸金庫に現金で用意してある――

 最後の最後まで世話をかせてしまった。申し訳なく思う。

 やよいは逃げたらおしまいだと思った。だから逃げることをしなかった。逆に堂々と振舞おう。そんな気持ち。自分の命など惜しくはない。殺されるなら喜んでそうしてほしかったし、元々から死んでいたような人生だ。未練などなかった。

 だけどもこうして生きている。友人紹介の流れで結婚までしてしまって。

 子供は産まないと決めている。大道家はオーミチャーで最後にしておきたかった。旦那にはすべて話している。彼は受け入れてくれた。

「わたしね、もう一度生まれたいの。違う人間で異なる運命を生きたいのよ」

 それが最近の口癖のようになっていた。

 守屋茜は完全魂が一体化していて二度と脳裏に現れることが無い。

 彼女の話していた地獄の地獄はどうやら回避できたのかしら? 

 ふと思い出す。

 でもね、今が辛いことも確かにあるのよ。生きる辛さもあるの。わたしの場合、それが特別大きく存在するでしょう? だからこそ全うするのよ。それじゃあ君はイエスキリストなのかいって訊くのでしょう? いいえ、違います。わたしは只のアバタ姫。麻婆豆腐でしかないのよ。作り物の顔なんか飽きてしまっているわ。だってそうでしょう? この世の中に偽りはいらないのよ。偽るだけ苦しくなる物なの。わたしはね、後悔しているのよ。何もかもに。

 カフェのテラスに風が舞い込んできた。真夏の西風だ。東京に居れば大陸風で生温かかったろうに、今は旅行で小笠原に居る。

 琢己もつれてきたかったわ。それから茜も。いいえ、茜はもう一心同体なんだものね。一緒にいるも同然だわ。

「ねえ。今夜、抱いてね」

 うふふ と、やよいはひとつ微笑んでから、木材でできた丸テーブル上にある花柄ラインが入った白いティーカップの抹茶ラテを、一気に飲み干した。

 

おわり

著書一覧と連絡先 無料小説 アマゾン出品物 ファンボックス 写真素材 ニュース 質問箱

ユーチューブ 無料占い鑑定 ココナラ出品物 株式銘柄 慈善活動 公式ヒロキリスト

コメント

人気の投稿