詩情 5

 

 

「四季」

 

夜中の四時だというのに、

霜は降りて来ず、

幾分、生ぬるい気候なものだから、

乾燥していた春先が恋しくなる。

恋と言う物は春で、

結婚と言う物は真夏なのだろうな。

時として、それらは四季があるように、

秋と冬がまた、

馴れ合いを新鮮にさせる。

日本は良い国だ。

著書一覧と連絡先 無料小説 アマゾン ファンボックス

海外ジュエリー 国内ジュエリー ファッション

コメント