詩情 6

 

 

「新しい必然」

 

金色の太陽が丘から登った。 

只、ゆらゆらと遠近感を利かした大きな光は、 

その先々で生命の目覚めを見ている。 

朝が来た。 

それに矛盾した答えなど一つもなかった。 

眩しい陽光と対面したようにある海原は、 

上空の千切れ雲とともに、 

夜風を払しょくしていた。

著書一覧と連絡先 無料小説 アマゾン ファンボックス 

海外ジュエリー 国内ジュエリー ファッション

コメント