詩情 8

 

 

「おもひで」

 

真夏だと言うのに、

爽やかな冷たい風が舞い込んできた。

僕はそれを深夜に感じることができた。

外は酷く鉄砲雨が降っている。

下の階から尻を突き出した軒先が、

ぱらぱらと強さを増してトタン屋根をたたいた。

音の見える光景色に耳を傾けると、

その色彩からいろいろなおもひでがよみがえる。

ふと、八ミリカメラのフィルムが止まった。

何故だろう?微動だにしない。

そのモノクロには、

確かに、君の姿が僕とともにあった。

著書一覧と連絡先 ファンボックス 写真素材 占い鑑定 慈善活動

Adornmonde  KRKC&CO  styleonme

コメント