運タマギルー 15

 運タマギルー 15

 え――? 思う。

 今夜ではないの? この場所で今すぐにやると言う事ではなかったの? ちがう……。やだ! わたしったら本当に頭がどうかしちゃってたのだわ。反省しなきゃ。反省するのよ。ごめんなさいマリヤ様! ごめんなさい学君!

「どうなんだ? 来てくれるのか? 来てくれないのか? おしえてくれ」

 勿論、答えはイエス。ベッキーは一心に思う。

 少しふらふらする。この場に酔ってきたのだろう。感情が高ぶりすぎて眩暈がするのだ。こんなことは生まれて初めての経験。オナニーで感情を高ぶらせるのとは少しだけ異なる。あれは孤独感があり惨めに敗北宣言するのだが、こちらといえば歓喜と至福による極まりが満ちている。

 英語でそれをベリーベリーハッピーというのでしょうね。わたし、とっても幸せよ。

 学君がキスを迫る。ソフトのほうなのか、リープのほうなのか、そんな事はどうでもいいと思った。逞しさの中にある柔らかい唇と完全に火照ってしまった熱い唇がひとつになるとき、果たして夢の中ではどんな心地よさなのだろうか? ザナドゥとはいったい――? 真っ白になる。むしろ、桃色の薄紅。闇夜が明るい。此処だけ明るいのだ。眩しく光っている、交わしている唇より、ハイビスカスのように真っ赤な舌の中から、暖かい光を発している。ベッキーは思う。それはどういうことなの――? 

 まぶたを閉じて、鼻で息をして、無我夢中に舌を絡めた。やがて喉を通ることのないふたりの唾液が唇の端からそそる。かまいやしない。構わないとさえ思った。

 嗚呼、学君の舌って、ブルーベリーのような味がしてすごく美味しい……。彼はもしかしたらガムを噛んでいるのかも? それについては先ほどから二人で噛んできたことではないか。なにをいまさら。そう、そうよ。わたしだって学君からいただいたチューインガムを噛んでいるのだものね。ほんとうに、ほんとうに、おいしい……

 ふたりは横倒しの状態になる。若い男女の事だ、あす明後日まで我慢できるわけがなかった。今すぐにしてしまおう、ここで。この場所で。このベンチの上で、しよう。

 嗚呼、わたし、わたしはとうとうたどり着いてしまうのね。こうして、こうやってブラから桃色の、学君だけの乳首を覗かせてしまうのだわ。それから、そこのシルクのパンティー色に彼は果たして気が付いたかしら? そう、そうよ。わたしのきもち、その色にはわたしの純粋な気持ちが込められているの。さあ、学君。共にザナドゥの泉を泳ぎましょう 

 しかしどうしてだろうか? どうしたものか、行為の一つ一つに鞭打ちの様に痛みをなす。

 痛い、痛いわ。学君。いくら慣れていないからって、そんなに乱暴にしないで。おねがい、もっとやさしくして……

 突然、涙が溢れてきた。何故だろう? わからない。全く分からないのだ。

 これは歓喜の涙かしら? それとも痛みに耐える涙なのかしら――? 

 身も心も揉みくちゃになる。

 一瞬、白熱球が光を弾くようにして世界が真っ白になった。

 こ、これは――! 

 嗚呼、聖母マリヤ様。わたし、わたしは、とうとうなってしまったのですね。そう、わたしは到底たどり着けないと思っていた極みに満ちた大人の女になりました。マリヤ様、それからイエスキリストさま。あなたがたに心から感謝します。それから! それから、ありがとう。学君……

「今週の土曜日に、だいぶ遠く離れた中部へ引っ越すんだ」

 え――? 何をいきなり。おもう。一体、この人は何を発しているのだろうと。そう思った。続きがある。

 もう少し早く話しておきたかったんだけれど……。中々な、話せなくて……。でも、思い出が作れて本当に良かったと思っている。おれは、俺はお前の事、一生忘れないからな。ほんとうに、本当にありがとう。

 夢心地から鍼山の崖下へ叩き落された心境だ。我に返る。

 ちょっと、ちょっとまって! どういうこと? それってどういうことなの? 嫌よ、そんなのぜったいにいやぁ――! そうか、あの時流れた涙は、この瞬間を察知していたということだったのね? そう、そういうことなんだ……

 山間から冷たい北風が舞い込む。とても信じられないほどに凍てついた。寒かった。哀しかった。突然、急激な睡魔に襲われる症状を覚えた。どうしてだろう? こんなところで気を失ってしまうだなんて。ベッキーはまるで冬眠する野兎のように、心を寂しくしながらスッと呼吸をやめ、遂には息絶えてしまった。

 

 

 ベッキーはこの世界を生きていた。冷たい秋風がそよぐ大地の真正面で、まっただ中で、息をなして存在していた。運玉森にそびえる杉の木と、ガジュマルの木陰が、真っ赤な太陽の日差しをもろに受けて微笑んでいるよう。逞しいと思った。とても頼りがいがあった。

 はて、わたしは一体何をしているのだろうか? ここにいてはだめ。駄目なの。はやく目を覚まして。覚ますのよ。何故かしら? とても皮肉なものね。わたしはこうして寝て居る。それは分かっていることよ。分かりきっているじゃない。さあ、ようやく起きる支度が整ったわ。

 おい! おい! 

 うるさいわね。さっきから何かしら? わたしを誰だと思っているの? そうよ、わたしは学君に捨てられたシンデレラ。とっても惨めなお姫様なの。まあ、なんてことなんでしょう! それでも夢から覚めてと言うのね? からっきしおかしくってよ。ええ、いいわ。起きてやろうじゃない。さあ、いいかげん……

「おい! おい! ベッキー! いい加減、起きろよ!」

 浩二君の声だ――。思った時にはドパーミンの作用によって脳が覚醒していた。目を覚ます。ここは、いったい……。どうやら学校の教室らしいことは黒板を確認して分かることなのだが、それもちがう。この教室へはまだ入室したことがない。記憶にないのである。それについてベッキーは、怪奇現象のように妙な不自然さを肌で感じた。ねえ、浩二君。此処は一体どこなの?

「何言ってんだよ! 西原高校の二年B組だろ? 寝ぼけてんのか?」

 あ、ああ……。頭痛がする、なぜだろうか? 考えた。きっと長い長い夢幻を観ていたからなのね……。そう、あれはすべて夢の中の出来事だったのよ。だって、そうでしょう? わたしは、わたしは、ここに、この場所にいるのですものね。当然だわ。

「まなぶ、まなぶ、唸ってたぞ。また、あの夢を見たのか?」

 そう、やっぱり夢だったのね。少し安心したわ。それならよかった。学君なんて人物は、きっとこの世にいないのよ。わたしったらどうかしているわね。夢に翻弄されるなんて。さあ、しっかりしなきゃ。

「中学の事は早く思い出にしなよ。いつまでもやってられんだろう?」

 えっ――? 今、何と言った? なんと? 気が動転する。

 ねえ、浩二君。いったいどういうことなの? これじゃ、あんまりじゃない。わたしが何をしたっていうの? どうしてわたしを責めるの? ねえ、どうして学君は居なくなっちゃったの? 引越しですって? そんなのは許しません。そんなことを許した覚えはありませんよ。嗚呼、マリヤ様。どうか学君を連れ戻してください。これではわたしが浮かばれません。

「あれっきり学とは会ってないんだったよな? 何故だ? 遠いからか?」

 なによ! あなたが言いたいことはお見通しよ。愛があれば遠距離なんてちょちょいのチョイだとでも言いたいのでしょう? これには複雑な事情があるってものなのよ。第三者のあなたが何を言ってもわたしは動じませんからね。所詮そんなものだったのだろうとでもいうつもりかしら? 浩二君。わたし、あなたをぜったに許しませんからね! 生意気なあなたなんか地獄へ落っこちちゃいなさい。

「そう言えば、もうじきクリスマスだな。なんか予定あんのか?」

 教会へ行きますよぅだ! 言いかけてやめる。今年のクリスマスは、丁度、日曜日に当たった。土曜日のイヴから教会で祝賀会がある。教会というのも久しい。おもう。最近では、全然、礼拝へ行っていなかった。今でも熱心に通っているのは、父親と母親だけになっている。お姉ちゃんは大学から一人暮らししているし、何より沖縄にいなかった。東京の大学へ進学したっきり、居心地よさを感じているのか、帰ってこない。きっと大都会が肌にあった人なのね。そう感じた。

「クリスマスの前の週はあいているか? イルミネーション観に行こうぜ!」

 あなたと? そんなのもっぱらごめんよ。昔はあなたのこと好きだったけれど、今は学君の事しか考えられないの。離れていても、別れてしまっても、わたしの思いは変わらないわ。ごめんね、浩二君。あなた一人でお行きなさいな。けれど、イルミネーションを男一人で行くと言うのもおかしな話よね。うふふ

 なんだか今日のところは気が腫れた。浩二君は途端に機嫌がよくなるベッキーを見つめつつも、何だか困惑しているようにも思えた。

 まあ、でも構いやしないわ。私の心中など、どうして男のあなたなんかにわかるっていうのよ? ちゃんちゃらおかしくってよ。

「なあ、おねがいだよ。俺一人で観に行くものでもないし、女の連れが必要なんだ」

 仕方のない人ね。じゃあ、こうしましょう。手は結ばない。キスなどもってのほか。半径一メートル以内に近づかないで歩くの。あなたとわたしは、あくまでも友達。それが周囲にわかるくらいに気を使ってほしいわ。その約束守れる? なら、行っても良いわよ。

「ほんとうかよ! よかったぁ!」

著書一覧と連絡先 無料小説 アマゾン ファンボックス

海外ジュエリー 国内ジュエリー ファッション

コメント