詩情 25

 

 

「初めてなのかもしれない」

 

晴れ渡る空は秋色で、
僕のこころは夏模様。
こうして取り残されたように
一人たたずむと言う事は
もしかすると初めてなのかもしれない。
君の声が聴きたくて、
ぼくはそっと聞耳を立てた。
冬はもうすぐ始まる。 


著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 占い鑑定 慈善活動

ユーチューブ スプーン ライン 勤行 メルマガ 質問箱 掲示板 株式投資 公式

めぐみやの護符 滝寛月護符 国内ジュエリー  韓流ファッション  不眠症の方へ

コメント