スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 7

 を知らなかった。そして、気が付けばこの時間になっていた。そろそろあの寝室で、またしても大人の夜が始まるに違いない。先ほど寝室へ入り行くフローリングの軋みを知子は周波数を合わせた耳で確実に捉えていた。

 彼女は柔らかい羽毛ベッドから起き、薄紅色のカーペット上を歩んでドアへと向う。昨夜から開けることの無かったノブを回し、それからゆっくりと開けた。

 スリッパをあえて履かず靴下の状態で廊下出た。この時点ではまだ甘い音色は聞こえない。知子は官能の極みに達した自身の体が求めるかの様に自然倫子の寝室の扉へ歩み寄った。目的の場所まで辿り着く。彼女は前回と同じく聞き耳をそっと深く扉に当てた――

「嗚呼

 瞬間、大きな喘ぎ声が知子の耳を襲った。

 一瞬で知子の顔が赤面する。即座にドアから聞き耳を離し両手で口を塞いだその後、何とか落ち着きを取り戻し、再度、耳を当ててみ

「もう許してください。嗚呼

 倫子が喘ぎながらそう言っているのが聞こえた。

「許して下さいだと よくもそんなこと言えたもんだな」

 徹が即答した。

「お前には一生美代子の代わりをしてもらうぞ。そう約束したはずだ。何を今更」

 ――美代子 一体誰の事を言っているのだろう あっ 

 美代子とは恐らく山田徹の婚約者だ。彼の様子が急変する前の年の盆、徹が一緒に連れ添いながら来客してきた女性――。名前は確か中川美代子。南国の地で育ったとは思えぬほどの透き通るような色白で狐顔をした美人だった。知子は徹らが帰った後、密かに狸と狐美人は不似合いだと倫子に話し笑いを誘った覚えがある。

 美代子の代わり でも、どうして御母さんが 

 この時、知子にはどうしてもこの謎が解けなかった。しかし、全てはその後の会話が彼女に与えられた問題をいとも簡単に解決させてくれた。

「お願い。子供達の居るこの家では……。嗚呼

「気持ち良さそうに喘ぎながら何言ってやがる。お前はもう全て従うしかないんだよ。あの晩からな 恨むなら、除霊を失敗した自分を恨むんだな」

 その言葉が徹の口から発せられた瞬間、「ガタン」と言う音が鳴った。どうやら倫子が裸体に乗りかかる徹を力ずくで払い除けた様だ。その後、部屋の中は急に静まり返った。

「あれは失敗と言うよりも仕方が無かったの。ああなるしかなかったの。たとえもう一つが違ったとしても。徹さん、運命は何かの答えのために導かれているのよ」

 一呼吸後に倫子が徹力なく呟いた。

「それに、除霊はまだ終わってない。確かに彼女に取り付いた霊はあのあと成仏したわ。そう、彼女の魂諸とも抜き取る手法で。でも手違いで今も仮死状態で居る彼女の魂は今、生霊と化して私ではなく貴方の背中に取り付いている。これを払い元に戻すには私が貴方の彼女を演じる事で貴方の背中からこっちを睨む女性の魂を私の身体の中にある一部の核にあえて呪い移させる事。勿論、その時に何も出来ないように完全に閉じ込め無力化させる。そしてその後に貴方の家で危篤の彼女にその無力化した魂を吐き出して戻せば良いだけ。最初にそう話したでしょ だから誤解はしないで。あ、それと、これはまだ話してなかったけど、彼女が危篤してから再生するまでの貴方と私の間にあった事は、煎じた薬と術によって記憶を消去させてもらうわ」

 倫子は貴方を愛しているわけではないと言う事を徹に悟らせる様に、さっぱりとした口調で念を押した。

「ふざけやがって。それならそれで結構。遠慮なくお前の体をボロボロにしてやるよ」

 徹はそう発した後、倫子の顔を平手で思い切り叩いた。

「股開け この娼婦が

 この夜、倫子の喘ぎは明け方近くまで続いた。

 

 時は更に遡り、一九八四年の十二二十六日。

 昨日一昨日と、上村家の母屋内にはクリスマスソングが鳴り響いていた。

 広い庭の至る所には、白赤緑で鮮やかに演出する半透明のプラスチックで出来た数々の人形達。その物体の中には白熱球が仕掛けられており、夜になれば優しくて温もりある光を与えてくれた。洋風でエキゾチックな建物の外壁正面には、二階辺りから芝へ垂れ下げたネットへ施したイルミネーション。そして、少し手前にある何本かのモミの木までもがイエスキリストの誕生日を祝うように、実に様々な飾りで彩られていた。

 夜になれば其処はまるで星の世界。その目に入る全ては屋上に広がる夜空と共に一体化されコラボレーションしている様に見えた。倫子はこの年もクリスマスイヴから外出を控えており、二十五日の夜まで娘達と共にキリストの誕生日を祝った。

 朝、上村家にはまだクリスマスの余韻が残されていた。

 この日の朝食は、昨夜にも出たマッシュルームスープにシーザーサラダ。主食は表面を少し焦がしたフランスパンにハーブとニンニクが効いたバターを擦らせたガーリックトーストだった。朝だというのに、バタークリームでスポンジが覆われたかなり甘く深い味わいの特製クリスマスケーキまで付いている。

 今日は家政婦ではなく料理の下手な母が拵えた食事らしいと知子は思ったが、恵はお構い無しにまずはケーキから手を付けていた。倫子はそれが可笑しかったのか、そこでクスクスと笑い、そこから連鎖的に娘たち二人も笑った。やがてはその楽声は大きくなり静かだった建物内にまた一つ『家族愛』を染み込ませた。

 本当に和やかな、そう、窓から差す朝のこぼれ日に似合うとても和やかな朝。

 

 あの電話が鳴るまでは――

 

 この日は家政婦が彼女らの身の回りを世話する事になっていた。出勤は十三時予定。

 倫子はリビングから見えるハト時計を眺めた。今現在の時刻は十時になりかけた辺りだった。幸いにも、毎年クリスマス前後は緊急依頼電話が非常に少なかった。その為、イヴと二十五日は極力全休とし、参加できる者のみでクリスマスパーティーを楽しむのが恒例となっていた。

 この日も今の所、緊急の電話は鳴る事が無い――

 本日、除霊所で行われる経読みは朝一から十三時に繰り下げて行われる予定。それまでゆっくり出来そうだわ。

 それから六分位経ってからだろうか 朝食の後、姉妹が正面の広い庭へ花を摘みに出てから一風変わって静けさを取り戻したこの大きな屋敷内を「ドキリ」とさせる様にとつぜん固定電話の受信音が大きく鳴り響いた。倫子は慌てて電話へ向った。

「はい、もしもし。上村です」

 荒れた息を落ち着かせてから倫子は言った。

倫子さんですか? 俺です。徹です。あの……、その、大変な事に

 かなり気が動転した様子で徹が電話越しに話してきた。

「徹さんですか。御久しぶりです。あの、とりあえず落ち着いて下さい。何が大変なんですか

美代子が大変な事に……。嗚呼……”

「しっかりして下さい。美代子さんが、どうしたんですか

実は一昨日の話なんですが……、クリスマスイヴと言う事で、二週間前ほどから予約していたレストランへ彼女と食事に出かけたんです

 少し冷静さを取り戻した口調で徹は話を始めた。倫子はその話を理解した様で、節目ごとに合わせて「はい。はい」と頷き続けた。

それから何時も二件目に立ち寄るBARで軽く飲んだ後、あの、その……”

 徹が途中で言い辛そうに口篭る。倫子は、瞬時にそれを察し「ホテルへ向ったんですね」と極めて無機質に問いかけ、この時まだ女性経験が豊富ではなく、とても真面目だった徹が次の一手を言いだせず決まり悪そうにしている局面をそっと救ってやった。

はい。しかし、この日は平日の水曜でお互いに翌日の仕事の事もありますから、差し支えないようにとホテルへ宿泊等と言う事までは考えていなかったので何処にも予約は入れてなかったんです。この日はBARを出た後、タクシーで美代子さんを家まで送ってから帰宅しようとしたのですが……。あの、その……”

「なるほど、分かりましたよ。この先は飛ばしてください。そして、その後どうなったんですか

 倫子はこの時、徹が少し可愛く思えた。

すみません。えっと、それで、急きょ予定の変更を運転手に指示して、近くにあるラブホテル街へ向ったんです。が、日にちが日にちと言う事で、何処もかしこも満室状態でして。そこで運転手に、「どこか穴場がないか」と尋ねたんです。そしたら運転手が「この町なら外れに一軒ありますよ。『アムール』と言う、古いモーテル――”

 ここで鳥肌が瞬時に倫子の全身へ蔓延した。

「アムール まさか、その場所は……

 彼女が記憶を遡り思考を巡らせる間も、徹は続きを話していた。倫子がふと我に返った。

桜町の外れ奥にある色褪せた水色でいかにも古そうな建物……。確か、ホテル名はアルファベットで「AMUR」でした。部屋番号は108――”

 倫子はここで再び思考を巡らせた。正直信じられなかった。AMUR108号室……。数年前、その一室で起きたあの恐ろしい怪奇事件解決後、あの建物は完全に取り壊され今は存在しないはず……。何故 それに、地理に詳しい運転手が、慰霊碑が奉られているあの場所へ向ったのか あの町外れの場所には、今現在モーテルなど一軒も存在しない


著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 占い鑑定 慈善活動

ユーチューブ スプーン ライン 勤行 メルマガ 質問箱 掲示板 株式投資 公式

めぐみやの護符 滝寛月護符 国内ジュエリー  韓流ファッション  不眠症の方へ

コメント