スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 8

 「問題が設備の状態や衛生に関してでは無いと言う事なら、あと残されたのは一体何かしら 呪い 幽霊 まさかね。馬鹿げてるわ」

 彼女はとても現実的な思考の持ち主で、実際に見たことも体験した事もない現実離れした話などとても信じる気になれなかった。しかし今夜は、何処と無く彼女自身もこの現実的な観点からは答えの出ない問題に対して『心霊現象』という、自身としてはナンセンスな言葉が嫌でも頭を過った。

 彼女は洒落たテーブルランプのみ点けたままの状態にして眠りについた。そして、ここは一体現実の中なのか 夢なのか 判断する事が出来ない、狭い空間の世界で起こる非常に怪奇的で異様といえる程以上のとても恐ろしい夢を見た。

 

「ゴーン……ゴーン……」南無阿弥陀仏……南無阿弥陀仏……」カシャッ……カシャッ……」ガガガガ……」ザッ……ザッ……」バタバタバタ……

 

 実に様々な哀愁漂わす音が多重効果のステレオの響きでかつ、それら全てが強引に一体となるかの如く嵩張り、目に見えて自分の耳に襲い掛かかって来る様な、なんとも表現しがたい異質な音楽の様なものが周囲一帯から聞こえた。彼女はその世界でも現実と全く同じロケーションにおり、同じ部屋同じベッドで仰向けに横たわっている。ただ違うといえば、現実では聞いた事の無いこの鳥肌の立つ異様な音楽異常なほどの湿気だった。たまらず起き上がろうと上半身を起こそうとした。起きれなかった。

 頭を上げ、目線がちょうど入り口のドアを捉えた所で、あたかも何万ボルトの落雷の直撃を受けたかの様に、一瞬で全身が凍りついた。強烈な金縛りである。

 

「ア、ア、ア……

 

 余りにも強烈な衝撃で由美子の顎は外れている。もはや大声を発し助けを求める事は現実的にも不可能な状態となった。

 由美子の目線の先に見える料金の受け渡しや管理等で使用されているドアが少しだけ開いた。何かが、とても恐ろしい殺気に満ちた何者かの片目が、その隙間からコチラを睨み付けた。由美子は心臓の鼓動を破裂させた。には息をすることすら間々ならなくなった。ドアがゆっくりと開かれた――

 どうやらドアの向こう側は暗闇らしい。開いたドアの先には先ほど隙間から睨みを利かせていた何者かの姿が其処にも無くなっていた。由美子は少しばかり安堵の色を実感した。実感できなかった。

 瞬間、直隣に先ほどと同じ殺気ある何者かが立っているのを由美子は感じた。彼女は其処に顔を動かす事が出来ない状態のまま、その方角へと目を向けようとした。しかし同時に彼女の胸下に何者かが跨る様に座り込んだ。どうやら異常極まりない物体は一つだけではないらしい。彼女は瞬時に目線を前へ戻した。其処にはなんとも恐ろしい顔をした化け物の姿があった。

 

「お前も死ねぇ……

 

 口、鼻と耳から血が止まる事無く滴り落ち、両目の眼球共に完全に飛び出させた『圧死』を思わせる紛れも無い死体が低い声でそう発しながら由美子の首を両手で絞め付けにかかって来た。彼女は窮地に追い込まれた。

 

「たすけて……

 

 しかし、声を出すどころか息をする事すら出来ない。由美子は心の中で思い切り叫んでいた。不気味な化け物の指が、まるで風船を素手で押し潰すかのごとく、非常に強力な力によって由美子の喉に食い込む。顎の外れたような状態となっている彼女の口から、泡が吹き始めた。こめかみを通る血管が破裂するように膨張し、顔はどんどんと褐色していく。もはやこれまでか 彼女は、とても奇妙な音楽が鳴り響くとても狭い空間の中で、完全に意識を朦朧とし始めた。

 

「嗚呼……

 

 一瞬、自身を救うであろう誰かの名前を思い浮かべようとした。しかし無情にも彼女はそのとき呼吸を止めた。由美子は、現実か夢なのかはっきりと分からない世界との狭間に居た。そこはとても寒く真っ暗だ。その空間は、何処までも果てなく続いているように彼女は思えた。この場所でさ迷う彼女は今、一人で宿泊した事を思い切りに悔やんでいた。どうしてこんな事になったのか 自分はもう元の世界に戻る事は出来ないのか―― 背中の方向から、何やら風のようでいて海流のような吹き抜けを感じた。とても気持ちが良かった。彼女の身は、そのまま流された。永遠と続くこの闇の世界の果てへ向けて流され、彼女は目を閉じた――

 

「由美子さん

 

 声が聞こえた。誰だろう 彼女の記憶は、まるで全てを忘れたように喪失しているようだった。覚えのある声のようだが、まるで思い出せない。急に心地よい流れが止まった。どうやらたった今、この場で答えを出さなければならないようだ。彼女はそう悟った。小粒ほどの光が目の前に現れた。その光の先に何かが見える。由美子は覗き込むようにして光に眼を当てた。現実の世界が見える――。そう、あれは確かに108号室のベッドに倒れた自分だ。

 

――真知子さん

 

 由美子は、彼女を揺すって起こそうとしている中村真知子を思い出した。答えは出た。と同時に、竜巻でいて渦のような現象が、光から発生したのを由美子は感じた。彼女の全ては、ねじれるようにしながらそれに巻き込まれていった――

 

――由美子さん 由美子さん

 

 続けざまに呼ばれる声が、ボリュームを徐々に上げて聞こえてきた。

 彼女は一命を免れた。

「由美子さん 大丈夫ですか

 意識を取り戻し目を開いた由美子に、掃除婦の真知子はそう発声した。彼女の隣には、夜間管理を任せている代理人の西岡澄子の姿もあった。

「あぁ……

 由美子は安堵と異常な精神の疲れから出た唸り声のようなため息を吐いた。

「良かった。とりあえず、これで最悪は免れましたね」

 まだうつろな由美子の視界に入らない場所から、聞き覚えの無い声が聞こえた。由美子は真知子と代理人の向かいとなる方向へ顔を向けてみた。するとそこには、沼田由美子がこの先、運命の出会いを果たした後、一番弟子となり、そして生涯『先生』と崇める『ユタ』こと、霊媒師、上村倫子の姿があった。

「首の方、大丈夫ですか 痛みますか

 由美子の首筋に出来た青黒く変色した手形の濃いアザを、優しく暖かい指先でなぞる様に確認しながら倫子が語りかけた。とっさに由美子は自身の首筋に手を当てた。手形の青筋は、大分腫れてもいるようだ。

「ええ、大丈夫です。あの、貴女は一体……

 凹凸のある首筋部分をさすりながら由美子が問いかけると「霊媒師さんですよ」と、真知子が横から割り込むようにして軽く説明してくれた。

「『上村神霊経治所』の上村倫子と言います」

「『上村神霊経治所』……ああ、知ってます。南町の奥にある神社の様な屋敷で、確か一族で大分古くから『ユタ家業』をやってるとか」

 由美子は、意識を完全に正常な状態へと戻した事を認識させる口調でいて、かつ多少驚き動揺した様子を表面化させて話した。

 由美子はこの日まで『ユタ』という物に対して、オカルティックなる神頼み的な異色の存在でいて、かつ『ユタ』が行う除霊の効果に関して、それには全くの科学的根拠が無く、そして何よりも噂でこの手の詐欺事件をよく耳にしていた為、全ては完璧な偽物とみなしていた。まさか……。しかし、それは現実に起こった――。心霊現象という奇妙な体験を良からずとも体験した由美子は、これまでの概念を見事なまでに覆された。

 ――もう一つの世界は実在する。彼女は、この時初めてそう確信した。

 この後も、倫子による除霊は続いた。

 由美子と真知子は業務用通路へと避難させられ、代理人である西岡澄子は業務へと戻った。部屋の中には倫子だけが残っている。二人は通路側から108号室のドアの前に佇み、遮蔽された向こう側を耳で注意深く確認していた。経を読む声や何やら独り言のような対話が、確かに、そして小さくこぼれて聞こえていた。

 やがて、全ての音は『無』を意識させる様に止まった。――除霊は終わったのか 果たして成功したのだろうか 二人は、視線を合わせ言葉無しに語った。

 108号室の管理用ドアのノブが回った。扉が音を立てる事無くゆっくりと開かれる。


著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 慈善活動

占い鑑定 ライン 勤行 質問箱 掲示板 公式

めぐみやの護符 滝寛月護符 国内ジュエリー  韓流ファッション  不眠症の方へ

コメント