スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 9

 しかし、倫子が開けたであろうドアの前に彼女の姿は見えない。部屋の中は光を反射させる事無く、あたかも全てを吸い込み抹消しているかの如く真っ暗だ。とても信じられない闇の色に、二人は完全に言葉を失った。

 彼女らは底無しに暗い部屋の床に、足を踏み入れる事を躊躇った。何故なら、この部屋を支配する暗闇は、彼女らの目に入る室内の辺りだけではなく、なんと基礎となりうる地面さえも完全なる『無』に感じさせたからだ。

 由美子は唖然としながらも『悪夢』を振り返り、思考を巡らせた。これはまさか……、私の見たもう一つの世界では

 次の瞬間、二人が入る事を躊躇する部屋ドアが、まるで彼女らの鼓膜を破るかの様に、力強く、叩きつける様にして閉まった。ドーンと言う破壊的なる音響が、通路一面に行き渡った。これは一体、どういう事なのか 二人は後方へと状態を退くようにして驚いた後、再度顔を見合わせて思った。

 由美子は、落ち着きを取り戻した後『108号室』と札が貼られたドアのノブに、手をやった。そして回した。が、しかしその後、次なる順序へと移す事がどうしても出来ない。彼女は迷っていた。これもドアの開閉同様に、今行われている除霊と言う神秘的な業における一つの『順序』と言う事なのでは もしそうであるのならば、ここで第三者の自分が中へ割り込む事は絶対のTABOOであるはず。ノブを握り締めた由美子の手のひらは、いつの間にそこから滑り落ちるほどに汗を滲ませていた。彼女が次なるステップに躊躇した状態が約十秒ほど続いた後、突然、彼女の濡れた手の中にあるノブが前方へと滑るように、するりと抜けた。扉は開かれた。部屋には光が戻っていた。しかし、何かが違う。とにかく室内とは思えぬほどに、上から照りつける光がとても明るく見えた。由美子は、フローリングであるはずの床を確認した。そこには床ではなく、どうやら土間と化して居る様だった。明るい光に慣れた視線を前方に戻した。黒の大理石で出来た背丈ほどの記念碑のようなものが建っている。その前には華や供え物が、いくつも並んで置かれていた。ふと、奥の方に目を向けてみた。そこには、戦後の焼け野原に植えられ育った杉の木が立ち、そして周囲へと及ぶほどに同種の木が幾つも連なっていた。ここは一体……? 全ての光景を目の当たりにした由美子は唖然とした。

「もう一つある現実の世界ですよ」

 突然由美子の背後へ立つ倫子が彼女の心を悟って居る様子で言った。並んで立つ由美子と真知子は、同時に顔を向けながら驚く。

「先生、何時の間に

 由美子の口からとっさに出たその言葉には、もはや『ユタ』へ対する概念が全く違っている事が分かった。

「え どういう事ですか もう一つの世界 私が見た世界は暗闇でしたが……

「この世はDNA細胞のように並行して螺旋状に進む二つの人生があります。そして、その間にある二つを支える道が、それぞれの人生の分岐点であり、そして唯一互いの人生を行き来できる事が、限られた者にのみに許された道です。私は自ら魂を抜き取り、あなたの言う暗闇の世界である分岐点からもう一方のこの世界へと移動しました。それから、ある特殊な手法にて局地的に全てをすり替えた訳です。もう一つの世界ではこの土地に建物など存在せず、この通りちゃんと戦没者を供養しておりましてね。今回、この様な多数の悪霊が集結した場合で、かつ時間がとにかく無いときなどによく使う方法なんですよ。大丈夫、もう一つの世界には除霊をする時間と余裕があります。場所や除霊方法などは、もう一つの私にちゃんと話してあります」

 倫子はまるで簡単な作業をやってのけたと言わんばかりな口調で、軽く流すように話した。この世界において全ては、この二十螺旋から構築された運命から人は未来へと導かれているというのが彼女の定説であり、そしてまた、螺旋を描くその平行した二つの人生が、陽と陰を平等に導き、人は神によって用意された間にある道にて何度も選択を迫られ、全ては未来へと導かれていくのだと言う。

 三人は、部屋の中へ入った。向こう側の世界の時刻とは対象的に、こちらでは非常に眩しい太陽から発生したエネルギーが三人をとても熱く出迎えた。目の前にある黒い大理石で作られた慰霊碑へ歩み寄った。二十七名の名前が刻まれている。真知子は、自身の母と祖父、そして祖母の名前を目でなぞるようにして探した。右から九番目辺りに三人の名前は確かにあった。瞬間、真知子の涙腺が緩み、其処から涙が溢れ出した。あの一瞬の出来事から数十年。真知子は母の最期の愛によって集団自決から救われ、「母の分まで」と、激動ともいえる戦後の沖縄をこの時まで力強く生き抜いてきた。それを思い出したかの様に、彼女の全身へ蓄積された疲れが一気に表情を露にし、その場へ屈み込んで泣き崩れた。真知子は震える唇を動かし声を発した。

「おかあさん……

 

 

「もしもし、もしもし、大丈夫ですか

 108号室で起きた事件を鮮明に思い出した矢先に、徹が心配そうに話しかけてきた。倫子は我に返った。

「あ、はいはい」

 あの事件から一週間も経たない内に、[AMUR]の営業は完全にストップし、言いつけ通り更にその一ヵ月後には建物が全て取り壊され、あの0ポイント付近以外は完全なサラ地と化した。その後、何らかの手違いによってすり替えた世界が元に戻る事が無い様、倫子は周囲に結界とフェンスを設け、参拝以外では立ち入れないようにした。が、しかし、どうやら何者かによって結界が破壊され、世界が範囲を広げて再び戻ってしまった様だ。

 倫子は徹の住むアパートへと向かった。其処には、様態が急変し倒れた美代子の姿があった。倫子は全身の肌が異常なまでの褐色、かつ極限の寒さを思わせる鳥肌により全ての体毛が直立している外観から美代子の様態を察知した。症状は非常に深刻。

 成仏は不可能と考えた倫子は、一旦自身の魂と共に美代子の背後から全てを乗っ取る様にして同体化させた悪霊を、もう一つの世界へと転送させる方法を試みる事にした。

 倫子は美代子の隣へ同じ様に横たわった。そして目を瞑った――

 たちまちに、二つの同体が熱する様に赤くなり始めた。その明るさは、やがて黄色と白色に非常に眩しいくらいに光り出し二人の転送が始まった。二つの胴体が、左右へどんどんとくねらせる様にしながら薄くなっていく。そして完全に姿を消した。

 二人は一つの分岐点より、もう一方の世界にある目的の場所へと意図的に到達した。姿から伸びる影が徐々に色濃くなる。そして完全に正常な状態となった。しかし、全身が非常に軽く浮き出すような感じに自然目を覚ましている美代子は、とても不思議に感じられた。倫子と美代子は目の前にある戦前を伺わせる建物の中へあたかも第三者によって誘導されているかのように、会話無く無意識的に訪問した。

 建物の中には生活に必要な物以外に余計なものが一切無く、またこの時には彼女ら以外の誰一人としてこの場所には存在しなかった。ここは……。美代子が空気を吸い込んだ瞬間、彼女の脳にこれまで体験した事が無い記憶が次々に溢れ出して来た。それから自分の全身に取り付いた霊の名前を思い出した。

「わたしは、山田志津絵……

 最後の記憶に辿り着いた時、思わずそう口に出していた。

 

 時は沖縄戦のあった昭和二十年。

 山田志津絵は当時三十六歳で、今回の事件の発端である茅野市に住む女性。彼女には子供が三人居た。一人は男の子で残りの二人は女の子。徴兵され満州へ派遣されていた夫は、満州撤退時から行方が分からなくなっていた。

 戦時中、彼女ら一家は真知子達と共に居た。集団自決があった最後の夜、志津絵は未だに行方不明となっている夫の事を思った。嗚呼、どうか貴方だけは無事に生き残ってください。合掌し目を瞑った彼女の頬を、緩やかに一滴の涙が流れては夜の地上に落ちた。非常に速い光が一瞬大きく放たれた。そして凄まじい爆音が数秒後には辺り一面へと行き届いたその時、彼女の魂はこの地へ悲しく宿った。

 集団自決のあったあの日の夜はとても星が綺麗だった。その夜から志津絵の魂は、上空に映し出された星空のずっと彼方へと目を向け待ち続けた。しかし、彼女の想いも空しく夫がこの地に訪れる事はなかった。そしていつしか彼女は悪霊となっていた――

 倫子は徹のアパートにて目を閉じ彼女の想いを受けていた。そして感じていた。夫はまだ生きている。そして私が彼女を連れて彼を探し再会させれば良い。倫子と志津絵の魂は今、圧倒的なアメリカの進撃と破壊から奇跡的に免れた誰ひとりとして存在しない彼女の家の中に居。彼女が最後を迎えた戦時中に比べて、どうやら少しばかり床の軋みが酷くなっている。床から鈍い音を鳴らしながら志津絵は自身の寝床へと向かった。彼女は目的の物が置いてある化粧タンスの前に着いた。上段の左に小さく設けられた棚に手を当て、タンスの中身を引き出した。そこには、夫へ『赤紙』と呼ばれる召集令状が届いた次の日に、家族全員で撮影した記念写真が綺麗に保管されてあった。彼女はそれを丁寧に持ち出し、眺めた。彼女の記憶が再び鮮明に蘇ると同時に、自身の体が何処と無く変化が見られ始めている事を意識できた。先ほどまでとは比べ物にならないほどに足元へと全ての重みが伝わってくる。美代子と志津絵はこの時完全に一体化し、この現実の世界に存在する事をはっきりと認識させる物体へと変化させた。何処からともなく後方より光が差した。彼女の目の前を自身の人影が伸びる。彼女は目を写真から足元へと移し、そして右側を見た。もう一つの影が同一方向へとまっすぐに伸びている。彼女は後ろを振り向いた。上空から軒を通り越し入り込む光によって影を生み出したその物体は一体誰なのか彼女は一瞬分からなかった。

 人物が段々とコチラへ近づいてきた。彼女がその物体に対して更に露出を合わせる様に


著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 慈善活動

占い鑑定 ライン 勤行 質問箱 掲示板 公式

めぐみやの護符 滝寛月護符 国内ジュエリー  韓流ファッション  不眠症の方へ

コメント