詩情 17

 

 

「高原のかほり」

 

高原の、さやかにかほる、

君の黒髪は、

とてもやわらかくて、

そしてしっとりと潤っていた。

僕はそれを頼りにしながら夢を見ていたけれど、

新しい垣根は越えたようで、

そしていつの間にか二人は一糸まとわず結ばれたんだ。

それに何の奇跡があるのだろうか。

僕にはわからない。

でもね、けどって顎をそむけると、

君はそれらに手をやり、

再び自分の裸を魅せた。

愛おしい人、愛おしい人と。

僕はやわらかい乳房に顔をうずめる。

君はそして喘いだ。

二人には何もなかったけれど、

けれども、最終章は劇的と変化をもたらした。

それは何と呼べばいい?

そうだね、なんといえばよいのだろう。

だがしかし、二人には答えが見つかったような気がしていた。

愛している。

只、それだけだ。  

著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 占い鑑定 慈善活動

ユーチューブ ライン 質問箱 掲示板 公式ヒロキリスト

海外ジュエリー  国内ジュエリー  韓流ファッション

コメント