スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 10

 目を凝らしてみる。すると、影となり隠されていた暗いその者の色が、徐々にはっきりと見え始めた。やがてはその影に隠された者の色を完全に悟った時、彼女は夫の名前を大きく叫び、激しく涙を流した。二人は共に歩み寄り、号泣したまま強く抱き締めあった。

「志津絵、心配掛けてすまなかった。これからはずっと側に居るよ」

 彼女の夫である慶三が耳元で優しく言った。志津絵は号泣したまま頷いている。

「さあ、帰ろう。これからはゆっくりと第二の人生を送れそうだ」

 夫がそう発した時、志津絵は何かをまた一つ悟ったように涙を止め、鼓動が届く彼の胸元からそっと顔を見上げた。

「はい。あなた……

 結びついた二人から光が出始めた時、何処からとも無く何時の間にか子供達の姿も其処にはあった。この場に発生した光は、やがてこれほど無いほどに明るくエネルギーを発し、完全周囲の影をなくした。建物が揺らぎ始めた。その場に倫子の姿は見えなくなっている。家族の絆はとても深い。誰一人として見送る者が居ないこの瞬間に意味する言葉をこの地に残すかのように、その家の中心となる柱に五人の名前が神により描かれ、そして光はその中へと強く吸い込まれるようにして消えていった。

 

 

 倫子と美代子は時空の狭間に居た。

 美代子は志津絵と一体化した時から意識を失ったままの状態だ。

 志津絵の元へと帰った夫は、実は倫子であった。志津絵を成仏させるべく倫子の魂がそうした。「彼女の夫は生きている」倫子はそう感じていた。しかし、探し出すまでの時間的余裕が無かった。「仕方が無かった」と言えばそこまでかも知れない。だが、この選択が後に致命的な過ちとなり、自身のみならず娘二人にまで襲い掛かる悲劇を与える事になると言うことに、この時彼女は気付いては居なかった。倫子は急いでいた。美代子の魂が目を覚ます前に自身の元へと送り返さなければ命は無いに等しい。万が一途中で彼女が目を覚ませば、倫子の行動全てが明るみとなり、その時点でこの魂は非常に恐ろしい悪霊と化す。

二人は元の世界へと戻った。

 まず、倫子が先に姿を現しながら息を吹き返した。徹が目の前で唖然としている。次の瞬間、美代子の姿が見え始めた。魂が元へと戻ればその時点で物体と魂の一体化は完了する。完了しなかった。徹の隣には誰かの存在が見えた。彼の父親である。倫子は瞬時に殺気の様な物を肌で感じた。――そんな、まさか 倫子は神のお告げのような自身の能力にて察した事実に驚愕した。しかし、もう既に時は遅かった。この世界へと完全体となるであろう美代子の全身から小さな稲妻のような物が幾つも放出し徹へと一気に襲い掛かった。

「徹さん 嗚呼――

 稲妻へと化し襲い掛かる魂から美代子の声が遠く聞こえた。

 全ては一瞬に近い出来事。

「どうしてこんな事に……

 なすすべなく唖然とした倫子が立ちすくんだまま言った。今、恐ろしい光を強制的にうけた目の前に居る彼は明らかに別人だ。決して山田徹ではない。彼の背後から睨みつける女性と共に、徹は倫子を恨むようにして殺意ある顔を向けている。しかし幸いにも、意識的にはまだ行動を起こせる状態にはないようだ。彼は瞬きをすることなく硬直している。倫子は顔をそらし隣に座る男へと目を合わせた。

「慶三さん、ですね

「はい、そうです。あの、これは一体……

「貴方の息子と恋人に一昨日少し問題が起きまして……。それよりも貴方の魂が何故ここに しかもこれは分裂して完全ではない……。もう一つがどこかへ消えている」

「どういう事でしょう

「理由はともかく、こちらへ訪れた貴方の魂は今、二つに分かれています」

「魂 この自分がですか

「ええ、そうです。そして貴方を見る限り、この魂は古い過去から招かれています。昭和三十二年……。そうですね

 倫子の問に対して慶三は唖然とし、一瞬返す言葉を失った。

「通常、貴方が体験したこの現象は、近く最期を迎えるごく一部の限られた生き物にのみ神より与えられる物で、その特権のような現象によって人は何かを悟り行動するか、もしくはそのまま結末を見届ける。貴方は何かをやり残し後悔をしている。恐らくもう一つの魂はもう一方の世界へと辿り着いているはずです。この世界には二つの道があるんですよ」

 倫子は慶三に、自身の定説と心霊現象、そして今回の事件について詳しく話した。

「先生。先ほどの『最期』という事に関してなんですが……。自分はこの年に倒れるという事でしょうか

 慶三は『死』という言葉を意識しない様、違う表現で倫子に質問した。

「残念ながら、光が目の前に存在した日に貴方は亡くなります」

 倫子がそう発した時、慶三は天を仰ぎ、そしてため息と共に深く俯いた。

「自分は、馬鹿な男です。どちらの世界共にまっとう出来ず、迷惑をかけてしまうんですね。本当に情け無い」慶三は、悔しさを込上げる様にして言った。

「いいえ、慶三さんそれは違います。だって貴方は、まだもう一つの世界を見ていない。そしてまた、もう一方の世界にて行動するには魂の一体化は必須です。とにかくこの場は私に任せて貴方はもう一つの世界へ今すぐ行くべきです」

「しかし、どうやって……

 その時、倫子が慶三の後ろにある何かを確認したように見つめているのが分かった。慶三は振り返った。そこには、光で出来たスクリーンの様な物が何時の間にか存在していた。

「どうか貴方の想いが最期に報われる事を願います」

 倫子は優しく微笑みながらそう言った。

 

 

 徹の両親である慶三と初枝は、終戦直後の東京で出会っていた。

 バラック建ての池袋西口付近から二人の愛は始まった。それから三年が経過した頃、二人は板橋の駅近くにある貸家に生活の拠点を移していた。引っ越してまもなく初枝はお腹の中に小さな命を授かった。妊娠三ヶ月。当初は互いに金銭的余裕がない事と、果てしなき夢を持っていた為か、子供を出産する事に関して悲観的であったが、最終的にはこの命に名前がついた。『山田徹』の誕生である。

 徹が生まれてから八年。この町にある桜の木もだいぶ成長した。慶三は今朝も桜がさらりと美しく散り行き、そして周囲が桃色に彩られる瞬間の世界を一人歩いた。朝露に濡れたベンチに腰を下ろす。じんわりと衣類に無数の小さな水滴が染み込んだ。彼はそれにかまう事無く再びそこから桜の木をぼんやりと眺めた。

 慶三は空を見上げたままの状態で目を閉じてみた。何処からともなく吹き抜けてきた風の匂いにかすかな何かを感じた。忘れられた記憶の奥深くから覚醒された様に目を大きく見開く。慶三は風上の方向へゆっくりと顔を移した。そこには、この現実にある空間の途中を断裂された様な線が空中に引かれた様にして浮び、そこから地面へスクリーンの様に光が差し込んでは、鮮明に何かを映像化していた。彼はゆっくりと立ち上がった。利き側となる右腕を光の方向へと水平に伸ばし指先を震わせる。

「志津絵……

 目の前に映った光景が思わずそう言わせた。慶三はまるで古い八ミリビデオの様な物で撮影したようなモノクロ調の映像にゆっくりと近づいてみる。どうやらこの中には二つの世界が被さって映し出されている様に感じ取れた。震えた指先でそっと触れてみる。瞬間、脳を直接的に刺激した。慶三の魂が自身の体を離れた。二つに分身する。一つの魂が手前に映し出された世界へと吸い込まれた後、そのスクリーンの様な物は分身と共に消去され、奥にあるもう一方の世界だけが彼の目の前に残された。慶三は水平に伸ばした腕を一旦下ろした。思考を巡らせてみる。これは一体どういう事なのか 考えた。しかし、答えは見つからない。慶三は自身の重さが何故かだいぶ軽い事にようやく気付いた。どうやら自分は魂と化したらしい。そして更に半分は何も知らずどこかへと消えてしまったということ。彼は、自身の人生と運命について思い出した。これまで自分は、流れに逆らう事無く自然にここまで辿り着いた。全ての運命を自然に受け入れてきた。ならばこの奇妙な出来事も、自分の人生に対して何か理由があり、答えを求めて行動してみるべきなのかもしれない  

 慶三は、決意した。再び水平へと伸ばした腕の先が、スクリーンらしき物の中へと入り込んだ。瞬時にプラズマのような激しい光と共に、全身の内部からストロボの様なフラッシュがたかれた。そして彼自身が目をくらませたと実感した瞬間から、世界は全くの別物となっていた。宿命とも言うべき物に運ばれたこの魂は、今、慶三の知らないもう一つの世界に居る。彼は昭和の三十二年となる沖縄に辿り着いていた。相変わらずこのやや透き通った体は、とても不安定で、歩くには何処か物足りなさを感じる。目の前に商店街が見えた。しかし、長らく故郷に帰る事無く、その為、土地勘を失ったせいか、この場所を完全に特定できない。慶三はとりあえずアーケード街を歩く事にした。不思議な事に、全ての人や物が彼に気付く事無く、そのまますり抜けていった。やはり今の自分は霊体なのだと言う事を、彼はここで実感した。商店街を入ってすぐの所に時計屋がある。ガラス越しから日めくりのカレンダーが見えた。どうやら今日は自分がベンチに腰掛け桜を眺めたあの朝と同じ四月の十三日らしい。さらに歩いてしばらくした所に小さな花屋を見つけた。同年代の男性客が女性店員と何やら会話を交わし始めている。慶三は立ち止まり、吸い寄


著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 慈善活動

占い鑑定 ライン 勤行 質問箱 掲示板 公式

めぐみやの護符 滝寛月護符 国内ジュエリー  韓流ファッション  不眠症の方へ

コメント