スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 15

 ら自分の名前を呼ぶ恵から発せられた声と、全てが認める可愛さが、正樹の我慢を何時も緩く解放した。

 二人は礼拝堂から出た後、体育館側から階段を下りた場所に位置する、テニスコート奥のベンチへ腰掛けた。空色は今日も大分明るく見えた。

「ねえ、正樹。来世とか、あと、何て言えばいいんだろう……。もう一つある光の世界、そお言うのって信じる

 正樹は無意識的に「うん」と答えた。

「聖書にね、こんな言葉があるの。『わたしは光をつくり、また暗きを創造し、繁栄をつくり、またわざわいを創造する――』多分、きっといつか、光と繁栄は来ると思う」

 恵は口を閉ざした後、鼻から少し息をこぼしてから明るい空を見上げた。

「また一緒になれてるといいな。もう一つの世界で。向こうでは絶対こんな場所で出会ってないと思う……多分、もっと二人の場所が、とっても広くて暖かい所――

 正樹は恵の信仰かつ神秘的な事が混ざった話にうんざりとしながらも、真似るようにして上空を見上げてから「ああ、そうだな」と言った。

「そういえば、まだ話してなかったね。光の話――

 恵はまだ一体化したあの日の出来事を話していなかった。彼女はゆっくりと丁寧に正樹へ話した。

「それじゃ、お前は、恵であって恵じゃないって事なのか

「そう言われればそうかもしれない。だって自分でも意識が飛びそうな感じで話してる時がある……。ほら、今とか時々そんな感じになってるし……。行動する時とか、何かがそうさせている事もある」

 正樹は思い出した。確かに恵が誰か別の女性と重なって見える瞬間があると。しかし彼はそれに関して自身の思い過ごしだとばかり考えていた。光の世界 弟が逝った時、何度か見えたあの現象の事だろうか 恵の体験した話では、あれとは到底比べ物にならないほどに『光の世界』は大きく計り知れない。それならばあの断片的に見えた幻は一体何を意味していたのだろう 恵と同じく、弟は何かを見せる為に、いや、知らせる為に、今は思い出せないほどに一瞬であった映像を見せたと言うのか 

 ―― 彼の記憶から一つの映像が鮮明に蘇った。テニスコート側の木陰にあるベンチに座り込み語り合う二人の姿を遠くから広角に捉えた光の世界。まさにこの時の二人の姿だ。

「わからない。でも、お前の言う『光』の話は信じるよ」

「ありがとう」

 会話が途絶え、辺りから雑音が聞こえるほど静まった。二人はテニスコートにある緩んだワイヤーから爛れた様子で見えるネットへ同時に目を移した。恵と正樹は境界線を引いてある世界を、光は交互に飛び越し『結末』へ進む気が何となくした。

「恵は正樹のこと、ずっと好きだよ」

 恵が正樹の方へ状態を向けた。

「正樹、目を閉じて」

 恵は正樹が目を閉じたのを確認した後、同じく目を閉じ、祈りを唱えた。

『どうか、わたしたちに良い事が見られるように。主よ、どうか、み顔の光をわたしたちの上に照らされるように――アァメン』

 

『ああ、わがはらわたよ、わがはらわたよ、わたしは苦しみにもだえる。

ああ、わが心臓の壁よ、わたしの心臓は、はげしく鼓動する。

わたしは沈黙を守ることができない、ラッパの声と、戦いの叫びを聞くからである。

破壊に次ぐに破壊があり、全地は荒らされ、わたしの天幕はにわかに破られ、わたしの幕はたちまちに破られた。

いつまでわたしは旗を見、またラッパの声を聞かなければならないのか。

わたしの民は愚かであって、わたしを知らない。

彼らは愚惨な子どもらで、悟ることがない。

彼らは悪を行うのにさといけれども、善を行うことを知らない』

 

 あの日から一週間も経たぬ内に、懸念されていた出来事が『沈黙』を破り、聖書のお告げとおりに『その音を、心臓をはげしく鼓動させて聞く』ことになった。

「正樹、ちょっといいか

 正樹にとって一番の親友である智彦が、施設内からの外出が許可された日曜の昼すぎに園外散歩へと誘いに来た。正樹はこの日の昼食後、恵と再度二人きりで会う予定だったが、智彦がどうしてもと言う事で今回は彼に付き合うことにした。二人はこの施設から港がある方向へと歩いた。

「なんだよ、話って。裕美の事で相談でもあるのか

 この道ならば決まって立ち寄る場所に着いたとき、正樹は訊いた。智彦には裕美という恋人が居た。彼女は正樹と智彦の二人と同じ様に、恵にとって一番の親友。恵と正樹が交際を始めた当初、お互いの友達として何度か顔を合わせていた。智彦と裕美の深い関係はそこから自然始まった。

「いや、違う。恵とお前の事でなんだけど……、健二の奴が何か企んでるらしい」

 彼ら二人から見て一つ先輩である中田健二というこの人物は、ほとんどの児童が中学卒業と同時に卒園していくこの施設の中で、片指ほどしか残らない高校生の一人だった。

 彼は高校入学よりいきなり園外に居るタチの悪い不良グループとつるんではそれを園内外問わず利用し幅を利かせていた。

 元々本当の仲間に恵まれなかった健二は、前々から正樹と智彦を何故か嫉んでいた。二人は施設内の男子児童らに人気があり、その為、彼らにとっては全てが友達。勿論、その中には健二も入っていた。

 健二は中学を入ってから直、姉と共にこの島より遠い小さな島へ『里親』に出た事があった。彼は高校受験の際、本島にある高校を希望した。そして特別な推薦で入学しこの施設へと戻った。姉の方はそのまま島から本土へと就職したとの事だったが、しかし、それが本当か嘘かは園児の誰にも分からなかった。

 彼の性格は、年上や同年などには関係なく、昔から誰に対しても陰気で大人しくあまり笑みを見せる事が無かった。その為か、いつでも健二は仲間と居る時ですら心はとても孤独だった。

 健二はグループのリーダー的存在の人物がとても羨ましかった憎く見えていた。全てを破壊し我が物としたい。いつしか彼は悪に心を売りつけた。

 欲求を満たすべく計画は、誰にも知られる事無く確実に着々と進んでいた。『報復』を武器とすべく強い仲間を探しては気に入られようと、彼は何もかも行った。その武器が目に見えるものとなった時、今度は標的を弱らせるべく、彼は周囲から密かに攻め入った。正樹と智彦の周りに居た友は何時の間にか健二を中心に動いていた。

 健二は嘘を付くのも上手かった。二人の友を囲った後に行う心理作戦にて片っ端から此方へ友達らを寝返らせていた。恵が後に言った。

「この出来事も、まるで聖書のお告げの様。ほら、見て――

エレミヤ書第四章十九節からある言葉は、正にこの時起こった出来事を予言していたように、全てがぴたりと一致していた。

 

『ああ、わがはらわたよ――

――破壊に次ぐに破壊があり、全地は荒らされ、わたしの天幕はにわかに破られ、わたしの幕はたちまちに破られた。』

 

 健二の奴が何か企んでるらしい――。それは正樹も前々から気が付いては居た。

「最近、学と健一や博史まで、なんか様子が変だろ それもこの事に関係してるんじゃないか

「そうだな……

 正樹はため息をこぼすように一呼吸入れた後、この場所から見える沈んだテトラボットの揺らぎを眺めた。今二人は消波ブロック群の一角に座り込んでいる。

「もしかしたら『征服』とか言う馬鹿らしい事なのかもな」

「あいつ根暗だしな。言えてる」

 納得した智彦が少し笑った。

「どうする

「なるようになるさ。別に俺達が悪い考えしてるわけじゃないし」

「そうだな。好き勝手に悪どく天下気取ろうが何だろうが、俺達には関係ないしな」

「学とか健一とか博史も、好きで向こうと仲良くしてるんだろ

「ああ、馬鹿みたいに隊長殿 て兵隊ごっこ楽しんでるみたいだよ」

「結局、相棒はお互い一人だけだな」

「ああ、そうだな。でも、今まであった友達って何だったんだろうな なんか健二より、あいつらに腹立ってきた」

「まあ、これで本当の親友は一体誰なのかよく分かったし。それが、まさか智彦とはな」

 正樹は冗談ぽくそう言って、この場にある嫌な空気を一気に吹き飛ばした。二人はこの上なく大声で笑った。しかし、実はこの時、正樹は恵の話を心の中で思い出していた。

 

『見よ、主はこの地をむなしくし、これを荒れすたせ、これをくつがえして、その民を散らさられる。すべての喜びは暗くなり、地の楽しみは追いやられた――

 

 この日の朝の礼拝で読まれた『イザヤ書第二十四章』にあるこのお告げが、彼女はとて


著書一覧と連絡先 マガジン 掲示板 写真素材 慈善活動

占い鑑定 勤行 滝寛月護符 ライン 質問箱 公式

novel(English version and Chinese version英文版和中文版)

ビューティー売れ筋 ジュエリー売れ筋

海外で話題沸騰!【Beauty & Go】

コメント