詩情 24

 

 

「曲線美にしなる裸体と」

 

もえかの萌は桃色の恋。
僕はその色彩を確かに見た。
曲線美にしなる裸体と
彷彿とさせる甘い声は
まるでこの世の桃源郷。
それは光を帯びて虹色だった。
嗚呼、只々吐息を溢すばかり。
そしてまた、
明日さえ解らなくなった。
みどりきいろ、
そして真紅の口紅。
虹とは幻かも知れない。 


著書一覧と連絡先 ファンボックス マガジン 写真素材 占い鑑定 慈善活動

ユーチューブ スプーン ライン 勤行 メルマガ 質問箱 掲示板 株式投資 公式

めぐみやの護符 滝寛月護符 国内ジュエリー  韓流ファッション  不眠症の方へ

コメント