スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 35

  良治の声に、二人の社員が仕事の手を休めて立ち上がり、こちらを見た。

「今日からうちの会社で働く事になった上間正樹君だ。よろしく頼む。正樹君、挨拶して」

「あ、はい。上間正樹です。よろしくお願いします」

 正樹が頭を下げると、二人から「よろしく」と声が返ってきた。

「こっちが部長の佐藤茂、それでこっちが伊藤勝則。覚えといて。うんじゃ、二人とも、もう良いよ。それじゃ、こっち来て座って」

 事務所の入り口側へ窮屈に用意された応接のソファーに、正樹と良治は向かい合って座った。

「佐代子、作業着持ってきて」

 社長の良治が上等のソファーから後ろを向いて言った。そう言えば、正樹は此処に来る前、沖縄でズボンのサイズ等を健一に聞かれた事を思い出した。

「はい、正樹君どうぞ」

 佐代子が正樹に用意していた作業着を手渡した。

「上からで良いから、サイズ確認してみて」

 正樹は透明の袋から作業着を取り出し身体に宛がった。濃い青色のストレートで両太もも側にポケットが付いているズボンと、それに合わせた上着。他に靴とジャンパーも用意されていた。

「正樹君、明日からは少し早いけど、六時にはこの作業着に着替えて此処の駐車場に来てくれな。職人連中が集まってるはずだから、そうだな……、おい、茂。明日、皆に正樹君を紹介してやってくれ」

「あ、はい。分かりましたよ」

 茂が自身のデスクから顔を覗かせて言った。

「明日の朝はあいつの隣に付いておけば良い。それと、これからの事なんだけど、君はまだ若すぎるから、しばらくは職人連中の手元として現場で働く事になるけど、後々車の免許も取って二十歳位になれば一人で回るようになるから、それまで我慢してしっかり頑張ってくれ。頼むよ」

「はい」

 正樹は身の引き締まる思いで力強く言った。

 正樹は次の日から二十歳を過ぎる頃まで、体作りとそして何よりどんな職種なのかを身をもって知る為に、町場職人連中の手元として彼らと現場まで同行し共に働いた。とにかく時間はあっという間に過ぎた。仕事はタイル工事が主で、中でもLOVEホテルの水周りとパチンコ店の改修工事などが多かった。学生時代の頃の様に、色々とした事が仕事以外には無く、ただ働いては寝る平凡な日々がしばらく続いた。しかし、ある出会いをきっかけに、正樹の東京での生活に変化が訪れた。

 二十一歳を過ぎた頃の春の夜、正樹は昔とまったく同じ夢にうなされた。

「智彦……。どうしてお前が恵と――

「違うんだ 神様……お願いだから訊いてくれ 違うんだよ――

「何でこんな暗い所にずっと閉じ込められなきゃいけないんだ

「寒くて死にそうだ。誰か出してくれ

「お願いだ。もう一つの世界でも何でも良い。だから戻してくれ お願いだから――

「嫌だ、まだ行きたくない。恵と智彦に……ちょっと待て。や、やめろ、やめてくれ

 うわ 正樹は悲鳴を上げるようにして悪夢から目を覚ました。なんだ、夢か……。でもこの夢は、昔見た夢とまったく同じものだ。一体、何故 正樹は少し考えたが、ここでもやはり答えが出せずに居た。

 正樹は自動車の免許を二十歳で取得してからというもの、最近は一人で民家などの補修工事に向かい、そして時間に関係なくやり終いで早々と寮に帰る事が多くなっていた。その為、正樹のその日の仕事は、朝、駐車場に集って行う簡単なミーティングのその時決まる様になっていた。

「正樹は、今日はこっち行って。はい、地図のコピー、住所は此処ね」

 茂が正樹にルートと住所等が記された地図のコピーを正樹に手渡した。

「板橋か、今日も近いですね」

「早く起こして悪かったな。なんだったら、もう一眠りして行っても良いぞ」

「いや、吉野家でゆっくり朝飯食ってから行きますよ」

「そうか。そういや、今日から新しく事務の子が来るって言ってたな」

「へえ、そうなんですか」

「正樹は今日も早終いだと思うから、帰ったら事務所に来て会って見るといい。意外に可愛い子かも知れんぞ」

 言って、茂が正樹に肘をついた。

「え 佐藤さん、面接とかしなかったんですか

「最近、外回り忙しくてな。俺が居ない時に佐代子さんが全部やったんだよ。俺は履歴書見るのも忘れてた」

 言って、茂は冗談じみた顔をした。

 茂の予想通りに、正樹は今日も早く仕事を終えた。帰る途中、ふと夢の事をまた思い出した。あのとても寒くて息苦しさのある暗闇は何なのだろう。自分は何故、其処に閉じ込められたのか。消滅させられるようなあの独特の感覚は一体――。正樹はやはり、何故そんな夢を見たのか分からなかった。車は会社側の空き地に広がる契約駐車場に着

「ただいま」

 正樹は寮側にある裏口のような玄関から中へ入り、夕食の支度をしている年老いた寮母に言った。

「ああ、おかえり。今日も早かったわね」

 この寮母は、橋野という職人の母親で、寮の掃除や夕食を作りに平日いつも来ていた。正樹はその寮母と少しだけ会話を交わしてから、事務所とこちらを結ぶ内ドアをノックし、事務所の中へと入った。

「御疲れ様です。今日の仕事終わりましたよ」

「はい、御疲れ様」

 佐代子がこちらを見て言った。正樹は事務所の中を見渡した。佐代子ともう一人の女性の頭が見えた。社長や茂、そして勝則などの姿は見当たらなかった。

「あれ、今日はみんな居ないんですね」

 正樹は言った。その時。

「こんにちは」

 女性が顔を覗かせてコチラに会釈した。瞬間、正樹に衝撃が走った。

「ああ、正樹君。今日から働く事になった木下香織ちゃん。年は正樹君より一歳年下のちょうど二十歳よ。よろしくね」

 佐代子が言った。女性は立ち上がった。

「はじめまして。あの、木下香織です。よろしくお願いします」

「あ、上間正樹です。よろしく」

 恵に似ている――正樹はそう思いながら挨拶を交わした。

 互いに最初から印象が良かったからだろう。正樹と香織が交際を始めるまでに、時間は余り必要とはしなかった。香織は社長の友人で不動産を営んでる父親の娘らしく、清楚でお嬢様の雰囲気が少し漂う女性。黒髪で艶の有る綺麗なロングヘヤーに、スカートがとても良く似合っていた。正樹と香織は、最初の内は事務所で挨拶を交わす程度だったが、何回も顔を合わすうちに、何時の間にか普通に会話をするようになっていた。始めにデートを誘ったのは、香織の方から。

「正樹さん。あの、良かったら今度、食事に行きませんか

 正樹は、この日は六時ごろ寮に帰り、そして、作業着のまま食堂で夕ご飯を食べている時、五時から正樹の帰りを待っていた香織が彼に言った。

「え ああ、良いけど」

 正樹は少し驚いた表情で答えた。

「良かった。それじゃ、明後日の日曜日大丈夫ですか

「あ、うん、全然大丈夫だよ。それじゃ、何処で何時に待ち合わせしようか

 正樹はあたかも友達と軽く約束を交わすように言った。実際、彼の中では、香織は友達という感覚でしかこの時なかった。

「あの、夕方の六時に私が此処に来ます。それで、良いですか

 呆気ない正樹の態度に少々戸惑いながらも香織は言った。

「うん、分かった。六時ね」

「はい。それじゃ、私、そろそろ帰りますね」

 言って、香織がお辞儀をしようとした。その時。正樹は慌てて言葉を発した。

「あ、駅まで送っていくよ。ちょっと待ってて、すぐ着替えてくるから」

「いえ、今日は車で来ましたから。大丈夫です」

「あ、そうなんだ」

「あの、それじゃ、おやすみなさい」

 香織が斜めに軽くお辞儀した。

「うん、おやすみ。明後日ね」

 そう言って正樹は日にちをさりげなく確認した。

「はい」

 香織は頷いてから思いきりに可愛く微笑んだ。香織は恥ずかしそうにしながらも、片手を小さく振って出て行った。彼女は本当に純粋で清楚。正樹は香織が帰ってから恵の事を思い出した。恵と始めて会話したあの日の夕方。あの時、恵から話しかけて来なければ、二人の交際は当然始まらなかった。香織は姿だけではなく、なんだか積極的なところも恵に似ていると正樹は思った。


占い鑑定 ヒーリング ライン 著書一覧と連絡先 ライン2

アマゾン マガジン 掲示板 写真素材 慈善活動  公式

コメント