スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 36

 


 日曜日の夜の食事後。正樹が運転する香織の車の中で、次の約束は交わされた。

「今日はごめん。俺、仕事用の汚い車しか持ってないから」

「いえ、そんなの気にしないで下さい。でも、今日は本当に食事楽しかったです。あの、また誘っても良いですか

「うん。でも、今度は俺から誘うよ。二人でどっか遊びに行こう」

 正樹は言った。それは彼女への気配りのつもりだった。香織は素直に喜んだ。

「本当ですか 嬉しい。約束ですよ」

「うん、約束」

 言って、正樹は約束を交わした。

 それから二人は、毎週の様にデートに行くようになった。やがて、真剣な交際を口で迫ったのも香織からだった。正樹は流されるままにそれを受け入れた。二人は更に親密を深めて行。正樹は時々思った。もし、昔のあの時、自分が施設から逃げ出さなければ、今頃恵ともこの様に、誰にも邪魔される事なく交際を続けて行けたのだろうか 更に、必ず良晴おじさんが話していた言葉がどうしても頭を過る。

 もし逃げる事無く施設に残ったとしても、運命は同じか、もっと酷い結末を迎えたかもしれない――

 確かにそうかもしれない。しかし、今思えば明らかに逃げ出した後悔の方がどれよりも痛みは計り知れなかった。考えるたびに、正樹は天を仰ぎたくなり、星の見えない夜空を見上げとてもやりきれない気持ちになった。そして、とにかく自分は恵にもう一度会いたいと、彼は強くそう思う。

――正樹さん、正樹さん

「あ、ああ、御免」

 我に返ったように正樹は返事した。

「ううん、いいの。気にしないで」

 香織は優しい笑顔で言った。彼女は続けた。

「でも、正樹さん最近ちょっと変。時々ボーっとする事が多くなってる。もしかして、私との事、楽しくない

 香織は少し疑念の顔をして訊いてきた。

「そんなこと無いよ。楽しいよ」

「本当

「本当だよ」

「良かった」

 香織がまた笑顔になった。正樹はその笑顔が恵と同じに見えた。

「それじゃあ、もしかして、何か困りごととか、あるの

「違うよ。ちょっと考えてる事があるんだ」

「え どんな事 私で良かったら相談して欲しいな」

 香織は甘えて落ち込んだ顔をした後、正樹の腕に横からしがみ付き彼の顔を見た。

「もったいぶらないで。ねえ、教えて」

 香織は可愛らしく訊いた。正樹はそれがとても愛らしく思え、少しだけ話をする事にした。

「それじゃ、話すよ。ちょっと不思議な話だけど、良い

「うん、聞かせて」

「光の世界ってのがこの世にはあって、其処にもう一つの現実があるって話なんだけど、その光の世界ってのは、其処に行けば、此処とは違う話になったり、未来が見えたりするんだ。自分が関係する範囲でね。それで、だから俺は其処に行きたいなって、そんな事考えてた。御免、変な話だったな」

 香織は意外そうな顔をして正樹を見つめた。彼女はもっと現実的で繋げやすい話が正樹の口から出てくるとばかり思っていた。香織は膨れ顔になって言った。

「へえ、私とデートしてる時にそんな事考えてたんだ。酷い」

 彼女は顔を戻し続けた。

「でも、なんだか不思議。光の世界か……、私も行ってみたい」

「いや、でもそんな楽しい事じゃないから」

「ええ どうして

「違う現実が幸せじゃなかったりもするからだよ」

「あ、そうか……。そうだね」

 二人の会話がここで途切れ、少しだけ沈黙が漂った。今、二人は駅からの帰り道を歩いている。ようやく香織が口を開いた。

「私、今が良いな……。正樹さんと出会えたし、この世界が幸せだと思う」

 正樹はこの言葉に黙ったまま何も言わなかった。寮に着いた。二人は玄関口の外で立ち止まった。

「それじゃ、ここで」

 正樹は片手を挙げて言った。

「あ、来週は私の車でドライブに行かない 正樹さん、海好きでしょ」

 何か少し慌てた様子で香織は言った。彼女はこの日のこの時をまだ終えたくない。そんな素振りだった。

「うん、良いよ。それじゃ、また来週な」

「あ、あの、正樹さん……

 香織は緊張した趣で発した。

「うん、どうした

「正樹さん、私、今日は帰りたくないな……

「え

 正樹は硬直した。香織は恥ずかしそうにしながらも、正樹の胸元にそっと額を持たせ、そして彼の両手を握ってから続けた。

「正樹さんの部屋に、泊まっても良い

 正樹は一瞬迷った。が、言った。恵の笑顔がこの時、頭を過ぎっていた。

「御免。俺の部屋汚いし、それに、そう言うの、もう少し待ってくれないか いや、香織が嫌いとかそんなんじゃないんだ。只、もう少し待って欲しい」

「正樹さん……

 香織が急に涙目になって正樹の顔を見上げた。

「御免な」

「ううん、良いの」

 香織はもう一度正樹の胸元に額を持たせた。そして手を離して胸元から離れた。

「今日はわがままばっかり言ってごめんなさい。それじゃあ、おやすみなさい。正樹さん」

 香織はそう言うと、正樹の顔へと上向き、そっと目を閉じた。正樹は香織が接吻を求めていることに気付き、彼女の両肩をそっと掴んでからとても柔らかい唇に優しくキスをした。そして、「おやすみ」と、彼女に返した。今夜はこれで何とかやり過ごせた。

 やがては、駐車場に止めておいた香織の車へ彼女が消えていくと、高級車は息を成し、ゆっくりと寮を横切ってはクラクションを一度だけ鳴らして帰って行った。

 正樹はこの夜だけではなく、それからも、恵を思い出させる香織を目の前に、もう一歩踏み出せないでいた。正樹は思った。いっそのこと、壊れるほど淫らに裸の香織を何度も何度も抱き締め、過去の事などあたかも最初から無かった様に、全てを忘れてしまえば良いのだろうか しかし、今の正樹には、それが自分自身に対してどうしても許す事が出来なかった。

 

 

 正樹と香織が出会ってから一年が経った。正樹はこの頃、関西や九州の方へと旅立った兄達とは音信不通の状態。そう言えば、兄達は元気にやってるのだろうか ふと彼が思い出した夜の事。

 正樹は夕食と風呂を済ませて部屋に戻り、ビール缶のプルタブを引いて口を開けてから久しぶりに小型テレビの電源をつけた。正樹はここ数年ろくにテレビを見る事がなく、いつも激安ショップで購入した安物のミニコンポで音楽を聴いたり、やり始めたばかりのギターの練習をしたりすることが多かった。

 点いたチャンネルでは、見たことのないドラマが始まった所だった。正樹は何気なくその番組を見る事にした。

 オープニングの音楽と共に、主演らしき男性がテレビに映し出されている。ちょっとして今度は、その相手となる恋人らしき女性の姿が映った。

 遠くからどんどんとカメラが近付き、画面一杯にその女性の横顔が映し出される。女性が正面を向いて微笑んだ。瞬間、正樹は目を見開いて驚愕した。

 ―― 

 正樹はすかさず近くに置いてあった番組情報誌を手に取った。今テレビに流されているドラマの欄を見てみる。

主演 松下五郎山本レナ」 

 違う、恵じゃない。でも本名は違うという事もあるし、まさか……正樹は混乱した。

 テレビに目を戻した。ドラマは始まっている。

 正樹はふと恵と出会った頃の事を、ドラマを見ながら何時の間にか思い出して居た。あの頃、恵には特別なる美しさが確かに存在していた。彼は成長した今頃の恵の姿を思い浮かべた。多分きっとこの画面に映し出された女優と全てが同じか、あるいはもう少し上だろうと思った。

「芸能界か……。恵ならありえるけど、まさかな……


占い鑑定 ヒーリング ライン 著書一覧と連絡先 ライン2

アマゾン マガジン 掲示板 写真素材 慈善活動  公式

コメント