スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 43




 「お前は本当に昔と同じで相変わらず馬鹿だな。おい、正樹。お前、もしかして昔のこと一々思い出して俺に殴り掛かってきたのか

 正樹は苦しい顔をしながらも、健二を思い切りに睨み付けた。

「本当にどうかしてるな。お前」

 健二は唇を歪めた。

「お前は俺を相当苦しめたんだ。近くで見かけといて、何もしない方がどうかしてるだろ

 健二は舌打ちして呆れた顔を見せた。

「そんなこと早く忘れりゃときゃいいのに……。おい、もうだいぶ前に終わった事をわざわざ掘り起こすなよ。思い出す度に、逃げた自分が情けなくなるだけだろ え 違うか

 健二の哀れな嫉妬のせいで、正樹は随分と辛く苦しんだ。その傷跡の痛みは今でも終わることなく続いている。それを簡単に忘れろだと 正樹は改めて健二に対して激しい怒りを覚えた。が、しかし、健二の言う事も少しは当っていた。

 確かに、自分が弱く逃げた為に、恵とは終わった。それを思い出す度に、自身がとても情けなくなる。仕舞いには正樹を将来救ったであろうとても良い女性だった香織とも最近別れてしまった。

 健二の言うとおり、香織と付き合った段階で、過去の事など、あたかも痛みが完全麻痺したように忘れてしまえば良かったのかもしれない。そうすれば、健二と今日此処で会うこともなく、全ては幸せな方向へと新しい人生は進んだだろう。

 しかし、運命はそれを拒んだ。そして過去を遡るように、こうして健二と偶然再会してしまった。

 正樹は今日、その運命から逃げなかった。この先、それがどういう結末へと導かれる事になるのかは果たして知らない。

 当然、正樹はこれから自分が生と死の狭間にある世界へと向かう等と予期して居るわけがなかった。

 健二が、黙り込んだ正樹を見て図星だと勝手に察した。彼は調子に乗り話を続けた。

「そう言えば、お前の相棒だった智彦も馬鹿な奴だったな。簡単に階段から転げ落ちてよ。でも、まさかあれで死ぬのは計算外だったし正直言って驚いた。けど、それよりも、恵のあの身体は良かった。あの女は本当に最高だったよ。まあ、どれも逃げたお前には関係の無い話だな」

 ―― 簡単に転げ落ちた 恵の身体?

 健二が発した言葉に、正樹は一瞬、気が動転した。

 ――この男は一体何を言っているのだろう

 正樹の思考に、想像へ対する拒絶反応が作用する。正樹は信じられない気持ちで訊いた。

「お前。お前、智彦と恵に何したんだ

 健二はフンとした態度で喋った。

「智彦は単なる事故さ。俺は悪くない。それと恵はな、お前が居なくなった後、みんなで犯したんだよ。いやあ、さすがに興奮したよ。今思い出しただけでもビンビンする」

 正樹は瞬時に殺気立った。もはや思考は我を失い一つの赤色に染まっていた。

「この野郎 殺してやる

 正樹は体ごとぶつかる様にして健二に殴りかかった。一発、二発健二の顔面を捉える。しかし、健二はそれに対して応戦し、同じ数だけ正樹へ殴り返してきた。揉み合いながらの激しい殴り合いは、人目を気にすることなくしばらく続いた。

「二人とも、お店の前でやめて

 途中、騒ぎを聞きつけ店から出てきた明美が止めに入ってきた。

「お前らもう止めろ ほら」

 一緒に様子を見に来ていた勝則も直に仲裁に入った。

「覚えてろよ。お前だけは絶対に許さない。いつか殺してやるからな」

 喧嘩を止められた直後、正樹は恨み顔で睨みつけながら健二に言った。

「今やってみろ。ほら、どうやって殺すんだ 見せてくれよ」

 健二は蹌踉めいた声ながら言い返した。

「お前は本当に最低以下だな」

 何やら突然うんざりした感情が込上げてきた正樹は、疲労した声で言った。実際、くたくただった。

「最低以下だ 女捨てて逃げたお前には言われたくないな」

 健二はそう吐き捨てた。しかし、正樹と同じで声には力がなかった。疲れたのは健二も一緒。

「お前は人生も含めて全部クズだ。もしかして、姉貴もそうなのか

 正樹は健二の姉である小百合が亡くなっている事を知らな。勿論、昔、健二と小百合が共に里親へと出ていた事は知っているが、姉の方は中学卒業後、島から本土へと就職したとしか話は聞いていなかった。

「この野郎……

 健二は自分よりも姉の小百合の事を言われて思い切りに腹を立てた様子だった。少なくとも正樹にはそれが分かった。

「おいおい。お前ら、どう言う関係なんだ

 会話に勝則が割って入った。

「昔の知り合いで、別に大した関係じゃないですよ。勝則さん、俺、今日はもう帰ります」

 何だか完全にやる気を失った正樹はそう言った。

「あ、ああ、そうだな。そうした方が良い」

 この場はとりあえず沈着したかのように誰の目からも見えた。勝則は明美にタクシーを呼んでくれと頼み、彼女は先に店に戻った。その後、正樹はテーブルにおいてある携帯と煙草を取りに勝則と店の中へ一旦戻ろうと健二に背中を見せた。しかし、その時。

 健二がたまたま直側にある花壇の上にあった建築用ブロック一つを力強く掴んでは、それを両腕で思い切り高々と持ち上げた。そして、その目一杯の高さから、正樹の後頭部目掛けて思い切り強くブロックを叩き落とした。

 ガツッ 

 一瞬、辺りにはそれ以外の音は聞こえなかった。正樹は、重く鈍い音と共に来た脳へ行き渡る激しい目眩を感じながら横に倒れた。更に倒れた場所が不運。正樹は狭いスペースに作られた花壇の角に、とても強く頭を打ち付けたのだ。

「殺すってのはな こうやるんだよ

 健二は発狂した様な大声で、頭から血を流し倒れている正樹に向かって言った。そして彼はよろめきながらもこの場から逃げるように立ち去った。

 余りに突然の事件に、勝則は頭を真っ白にして直には動けず、健二の逃げ足を声ですら止める事が出来なかった。彼が呆気にとられた状態から事態を把握した頃には、健二の姿はもう何処にもなかった。

 正樹は凄まじい痛みに一瞬何が起きたのか分からなかった。彼は動こうとしたが、脳はその指令を体の筋肉へと伝達する事をしなかった。正樹の全身は完全に麻痺した。

「正樹、正樹、しっかりしろ おい 誰か救急車

 薄れゆく勝則の声を最後に、正樹は深く意識を失った。

 

 正樹は今、夢とも現実ともいえない世界の中に居た。それはとても暗く寒い空間。正樹は其処で、自分のこれまでの人生を見た。

 只、漂うような感覚が今、皮膚の表面全体から感じる。正樹は暗闇に限りなく近いこの空間に一つだけ灯された光の中を、今、静かに覗いていた。

 光は、彼自身の記録を全て配列し映し出した物体。それはまるで、螺旋を描くDNAの様に、一つ一つの記憶が下から上へ繋がり捩れて伸びていた。光によく目を凝らすと、その中には、これまでの自分の記憶には無い記録が潜んでいる事に正樹はふと気が付いた。が、しかし、それでも今の正樹は、無表情に只それを含めて眺めているだけ。

 途中、魂であろう正樹自身の一部が小さく千切れ、一つの光景の中へと消えた。直後、入り込んだ場所となる光景が、全体を描いて脳裏へと鮮明に浮かび上がった。正樹は瞳を閉じてその光景だけに集中した。

 

 そこは小さな。海の向こうから吹き付けるとても爽やかな風から、潮の香りがほのかに匂う。島の中央に位置する小高い丘には、白く大きな灯台が見えた。

 幾つかの家々から一直線に伸びた先に広がるとても青く澄み切った海。渚が奏でるささやかな波しぶきは、その光景にとても合っていた。

 正樹はこの島で中学生の恵に会った。靡かせる長い黒髪に遠くを眺めている横顔。彼女は小さな学校近くの浜辺一人座っていた。正樹はこの夢の様な意識の中、口を閉ざしたまま恵の隣に座りつつも、景色がとても広いこの場所で、恵と同じように遠くを眺めては少しばかりのぼんやりとした時間を過ごした。

 恐らく正樹が隣の恵に言葉を発しても返事はこない。正樹は無意識にも、自身が幻であることをあたかも最初から悟っているかのよう。

 少し時間が経過したところで、突然この世界全体の映像がかなり滲み出しはじめた。正樹はハッとして気がつき、周囲を素早く左右に見渡した。すると、世界は再び滲みから元に戻った。だがしかし、今居る世界は先ほどとは全く逆の夜へと変貌ており、また、先ほどとは異なる場所になっていた。どうやら時間と場所が瞬時に入れ替わったらしい。正樹は心底から驚きながらも我に返りそう悟った。

 此処はちょっとした集落の端にある民家の裏辺りだろうか 正樹は今、少し宙に浮いた状態で上から周囲を確認している。それから彼は地上へ足をつけた。ちょうど目の前は、


占い鑑定 ヒーリング 著書一覧と連絡先

アマゾン 慈善活動  オフィシャルブログ

コメント