スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 25

 牲にされたんだ。悪い人間の為に良い人間が滅ぶ。おかしな話だろ でも、それが答えなのさ。外では奴らみたいに吐き気のする成金の馬鹿笑いのネタに、俺達は一生良い様に利用される。本当の脳みそ空っぽの馬鹿に、弱みを握られてコケにされるんだ。そして無理やりにも力任せに取り上げられる……幸せをな。本当に与えられた不公平は毒だ。少なくとも此処ではな。もう沢山なんだよ。俺はもううんざりだし見たくないんだ。分かるだろ 最初から最後まで此処では皆同じで良いのさ」

「可哀想な人。本当に可哀想な人」

 哀れむと言うよりも責める口調で恵はそう言った。健二は思わず叫んだ。

「煩い 黙れ

 恵は再び健二を睨み付けて冷静に言った。

「貴方は全てを知る神じゃない。それに、不公平は貴方がそう思ってるだけ。出来事には必ず理由があるし、もっと他に考えるべき事は沢山あると思う。恨んでばかりじゃ、何時までも不公平のままだわ」

「黙れって言っただろうが

 健二の平手打ちにより恵の頬が赤く膨れ上がった。

「只、マセただけのお前に何が分かる

「別にマセてなんかない。貴方が何も知らないだけよ」

 健二が今度は思い切りに平手打ちをした。恵は余りの痛さに涙を滲ませた。

「雑草がはみ出して並びが悪いのを見つけた時、どうするか分かるか

「知らないわ。お願いだから、もう帰して

 恵は再び藻掻いた。しかし解けない。健二は恵から見て恐怖を感じるほどに形相を変貌させた。そして言った。

「並びが悪けりゃ、引っこ抜いたり根っこから刈るのと同じでな、皆でそいつを引き摺り下ろして、もうはみ出した事が出来なくなる位に破壊して教えてやるんだよ

 次の瞬間、健二が恵の着けているシャツのボタンを千切る様に強引剥ぎ、彼女の前方を露出させた。

「嫌 やめて 誰か、誰か助けて

 恵はありったけの声で叫んだ。しかし、辺りには健二らグループ以外に誰も居なかった。もはや絶望。健二は、白いブラジャーのストライプを無理やりに肩からずらし、全体を下へと押し下げた。途端、想像していたよりも綺麗でとても成長した乳房が露出した。彼の股間に小さからぬ快感の波が押し寄せて来る。

「嫌――!」

 両腕を健二の仲間らにがっしりと捕まれた状態から恵が叫んだ。

「足が邪魔だ。足も捕め 横に倒すんだ。そうだ、よし、下も脱がせろ」

恵はスカートを捲り上げられた状態から下着を脱がされた。彼女は勿論抵抗した。しかし恵の反抗も空しく、その後、彼女は強引に無理やりに秘部を健二に愛撫され、健二から順番に性的暴行を長時間受けた。

「真っ先に恨むんなら、逃げた正樹を恨め」

「許さない……絶対に許さないから

しかし、恵の憎しみに満ちた声は誰の耳にも届く事はなかった。

 

 

 恵は今日、体調不良を理由に学校を休んだ。彼女は部屋の窓にある遮光カーテンを閉めた薄暗い部屋で一人、ベッドで横になっていた。恵ともう一人この荘に居た当直の先生は会議で居ない。今、恵は一人。

 平日である他に誰一人としていないこの日の昼は、スリッパの音や話し声、そしてまた一番に騒ぎ出す者が無く、信じられないほど辺りは静か。休日の今時間頃ならば周囲が煩くて少し遠くからしか聞えない鳴き虫や小鳥などの声が今は音高くとても身近に届いてくる。

 恵は昨夜あった出来事を、怖くて誰にも相談できずに居た。何度も何度も体を洗った。しかし、流された汚れは表面に感じる物だけで、当然性的暴行の記憶と傷がそれだけで消え去るはずなどなかった。だが、彼女は何度も体を磨いた。途中、悔しさからやりきれない気持ちで一杯になり、感極まった彼女は顔をシャワーに埋めて人知れず号泣した。自分の体を初めて男に許したあの夜の前日に見た夢はとうとう現実なった。あの夢では今の自分はまだ始まりに位置した場所に居る――。恵はこれ以上この先の夢を思い出すのが怖かった。

「お願い、お母さん助けて。お姉ちゃん、助けて

 恵はシャワーから吹き出た御湯に顔を打たれたまま心でそう叫んだ。

 彼女は分かっていた。彼らは一度では決して終わらない事くらいは容易読める。迷った。正樹たちのように、今すぐにここから逃げ出してしまいたい。でも、一体何処へ逃げれば良いのだろう 母屋が全焼したあの夜、周り全てが消えてしまった彼女に当てなどあるはずが無かった。

 恵はベッドの中で急に目眩がした。途端、感じの悪い汗と共に何だかとても酷い寒気がしてきた。彼女はたまらず側に無造作にあったタオルケットの端を両手で左右に掴みひらりと体へと被せたその中で身を震わせ。その直後、昨日の出来事を脳が無理やり思い出した。嫌 恵は思わず両手に握るそれに顰めた顔を思い切り当てた。その時。

「めぐみ――

 突然、誰も居るはずの無い部屋の天井の方から響き加減な声が聞こえてきた。その声は、何時しか聞き覚えのある透き通った様に綺麗で優しい声。恵は声の主を直に分かった。「お母さん」驚きと喜びに満ちた声で発した。

 声が届いて来た天井を見ようとすばやく二段ベットの下の階となるその位置から上半身を乗り出し上へ顔を見上げた。恵は唖然とした。

 今見ている天井があるはずのその場所は不思議な事に、まるでドーナツの様な円形状に溶けた穴が開き、今とは正反対の夜の空がその空間から見えた。恵は更に気付いた。中央の円は天井となっているわけではなく真っ黒としていて、見た目には狭いが、何かもう一つの大きな存在を感じさせる――。どうやら今、局地的に三つの空間が目の前で日食の様に重なっているらしい。重なり見える二つの空間に人影らしき物は一切無く、今もまだ母の声だけが只々ずっとどちらか向こうからコチラへと響いて来ている様に感じて聞え。とにかくそれはとても不思議な現象だ。

「これは……夢なの

 恵は夜空を眺めながら、これは夢だと疑った。瞬間、ドーナツ状に浮かぶ空間の外側となる空が今、恵の居るこの場所を一気に飲み込むようにして辺りへ広がった。そして最初となる恵が今居た空間はまるで存在を隠された様にして目の前から消えた。それは一瞬に近い出来事。恵は月の様に黒く浮かぶ一つ残された空間へ顔を向けた状態から一面に広がりを見せた夜空へと視線を移した後、周囲を見渡した。

「ここは……そうだわ

 ここは確かに全てが失われたあの場所。そう、間違いなく今立つ第二の空間となるこの場所は、全てが消失し一体化した後、仰向けに倒れた状態からこの空を眺め一人呟いたあの芝生の上あたり。恵は息を深く吸い込んだ。あの時と同じ様に、ひんやりとした空気に緑だけの香りが色濃く感じる。それはとても懐かしい匂いがこの辺りには漂っていた。

「めぐみ――

 再びあの声が何処からとも無く聞えてきた。恵は五感を回転させ感じるように周囲全ての気配を感じようとした。

「お母さん……何処

 その時。たちまち最後に一つ残された黒い第三の空間が先ほどと同じ様に辺りへ一気に広がり第二の空間を完全包み込んだ。世界は完全暗闇に包まれた。今度は真っ暗闇から男の声が聞こえた。

違うんだ 神様……お願いだから訊いてくれ 違うんだよ

寒くて死にそうだ。誰か出してくれ

 声はややエコー気味に、かつ、響いて聞える。恵は気付いた。

「正樹……正樹

智彦……。どうしてお前が恵と

 うねり来るような重さの声が暗闇に響いた。この言葉は――、そうだ 昨日聞えたのと同じものだ。恵は思わず目を見開き口を閉じた。

お願いだ。もう一つの世界でも何でも良い。だから戻してくれ 

 これはまさか――。まさかその後の続きが今聞こえていると言うのだろうか 恵は自身の耳へと気持ちを集中させた。

嫌だ、まだ行きたくない。恵と智彦に

 彼は今暗闇の中に居て自分に会おうと必死になって足掻いている。そのことが言葉から伺えた。彼は一つの世界を信じた。自分はそれを否定した。しかし、それは少し違っていたかもしれない。恵は思った。もしや自分が今見ているこの現象こそ一つの世界となった瞬間ではないのだろうか 一体化した空間、いや、世界は存在する。しかしそれは正樹の理想とはかけ離れて目茶苦茶で非現実的と言えた。

ちょっと待て。や、やめろ……やめてくれ

「正樹

 思わず正樹の叫び声に我に返った恵が大きな声で彼を呼んだ。それは途端に起こった。真っ暗な三番目の空間が地上から見る月ほどに一気に収縮した。呆気に取られる間もなく目の前は再び過去の世界となる二番目の空間が顔を覗かせた。今、この世界は先ほど見たときとは違い、濃い霧が腰ほどに低く周囲に立ち込めている。


著書一覧と連絡先 マガジン 掲示板 写真素材 慈善活動

占い鑑定 ライン ライン2 公式

海外で話題沸騰!【Beauty & Go】

コメント