スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

愛するということ 48

   正樹は正治先生が指さす方向を見た。確かに窓際となる一番奥の席が一つ空いている。ふと、これからパートナーとなる隣の席の女の子が彼の目の焦点に入った。瞬間。正樹の見る視線が硬直を成して驚愕した。   何と言うことだろうか。紛れもなく確認をした其処には一つ年下ではなく同級生の恵の姿があった。   恵 !     正樹は思わず口に出しそうになった。が、もう一つの自分がそれを拒んだ。この世界に居る正樹自身は初対面だからだ。当然、恵の事など知るはずもない。しかし 、 愛おしい感情は同じだった。この世界の正樹も一目惚れしていた。   正樹は席に着いた。すると、とても懐かしい美声が彼の耳に聞こえた。 「あの、はじめまして」   恵は正樹の顔の様子を見てから続けた。 「あっ !  あたしの名前は上村恵。よろしくね」 「あ、うん、よろしく …… 」  もう一人の正樹が恥ずかしそうに返した。 「ねえ、正樹君だっけ ? 」 「うん」 「正樹君って何処に住んでるの ?  教えて」 「あ、俺の住んでる所は、山根総合病院の近くにある分譲住宅地なんだけど ―― 」  この世界の正樹の記憶から彼はそう答えた。途端。 「ああ !  知ってる。あたしの家も其処の近くだよ」   恵は言った。それから彼女は、正樹の耳元へ近づき小声で続けた。 「正樹君、良かったら今日一緒に帰らない ?  学校までの近道教えてあげる」 「ああ、ありがとう。でも今日は迎えが来るから」 「ええ、嘘 ?  ほんとに ? 」  言って、恵はがっかりとした表情を見せた。それを察した正樹は、何だかとてもたまらない気持ちになった。 「いや、でも歩いて帰った方が道も覚えやすいし、その方が良いな。帰り、学校の待ち合わせ場所で弟か兄貴にそう話しておけば大丈夫か」  正樹は撤回するように独り言を呟いた。それから彼は恵に向かって続けた。 「やっぱり一緒に帰ろう。よろしく」  それが二つある正樹の素直な気持ち。 「良かった。断られたらどうしようかと思った。嬉しい」  恵が頬を赤らめた。それを見て正樹は再び彼女を愛おしく思えた。   実は恵も一目惚れ。二人はこの世界でもお互いを出会った最初から特別に感じていた。それが運命。  朝の会が終わった。同時に一人の男子生徒が恵の所へと来た。智彦。   正樹は流石に驚きの表情を隠しきれなかった。智彦がそれに対

愛するということ 30

  恵美が言った。

「だったな。恵ちゃんと同じ施設から来た子達だったけど……

「え まさか、名前は――

 恵は恐れが頭の中を過ぎりながらも訊いた。

「中田健二君って言う子と、そのお姉ちゃんの小百合ちゃんよ。恵ちゃん、知ってるんじゃないの

 恵美の問い掛けに恵はわずかに震えながら黙ってそっと頷いた。

「まあ、とにかく、この島は狭いし話題もなく平和だからね。ちょっとした事でも大騒ぎになるわけさ。恵、大丈夫

 実が恵の急変に気が付いた。

「うん、大丈夫。あの、健二って人は知っているんだけど、小百合さんって人は知らなくて……、その人は今何処にいるの

 今度は実の顔に変化が見られた。実は思わず恵美と顔を見合わせてから恵へ口を開いた。

「何があったか詳しくは知らないけど、あの姉弟はちょっとしてから急に反抗的になってね。特に健二がね、手に負えないくらいだったわけさ。元々はネエネエ(お姉ちゃん)の小百合ちゃんがなんかあってからみたいなんだけど、仲泊さんに小百合ちゃんは、ただ泣いて何も話さなくてね。それからさ。仲泊さん夫婦が何回もこっちに相談しに来る様になったんだけど、だけどこっちも何も分からなくてね。その後一ヶ月くらいした頃だったかな 小百合ちゃんがね、鳩間灯台の近くで首を吊って自殺したわけさ。いや、あれは本当に「デージナッテル(大変な事になってる)」ってね、島のみんなで大変な騒ぎになったよ」

「自殺

 恵は健二の言葉を思い出した。姉は欲求で飢えた人間の為に犠牲にされた。確かにそう話していた。誰なのかはまだ分からないが、健二の姉小百合は、自分と同じ様に婦女暴行に遭った。そして自殺した。恐らくはそう言う事だろう。健二は「何回も見た」と言っていた。それは、悔しさと絶望に満ち溢れた小百合の姿だったに違いない。健二の姉小百合は、弟の彼を一人残し、自らこの世を去った。それは、彼自身のこれまでの人格を滅ぼすほどに、破壊的な出来事。恵は悲しくなって思わず涙がこぼれた。

「なんて可哀想な人なの」

 もはや感情を抑える事が出来ず、恵は激しく泣いた。

「壊されて、盗まれて、無くして……、幸せが見えなくなって……、過ちが間違いじゃないだなんて……。辛かったのよ。そうよ、健二のせいなんかじゃない……

 恵は号泣しながら何時の間にか独り言で懸命に言葉を発していた。見かねた恵美が恵をそっと抱き寄せた。

「大丈夫、大丈夫よ。恵ちゃん、だから落ち着いて。ね

 恵の独り言に発した言葉の意味が分からず困惑した恵美だったが、何とか落ち着かせようとそう言った。が、しかし、恵美の優しい言葉が尚更に、恵に涙を誘った。恵はしばらく泣き続けた。

 やがて落ち着きを取り戻した時、恵はきいた。

「恵美おばさん、もう一つの姉弟は幸せに生きてると思う

 恵美は再び困惑した。が、言った。

「勿論よ。天国と地獄があったとして、二つがまったく同じなんてことは無い。小百合ちゃんはね、きっと天国で幸せになってるはずよ。今度、三人でウートートー(祀り供養)しに行こうね」

「うん」

「ダーダー、(さあさあ)落ち着いてきたみたいだから、そろそろ外見に行こうかなと思ったけど、やっぱり今日はもう止めておこうね」実が頭を掻きながら「やれやれ」と言った様子で発した。

「ごめんなさい」

「いいよ、いいよ。変な話したおじさんが悪い。気にしないで」

「だある、全部あんたが悪い 馬鹿男や

「ハッシャビヨー、(なんだよ )そこまで言わなくても良いんじゃないの ねえ、めちゃん」

 実のおどけた様子に、恵は思わず口を塞ぎながら笑った。それを観てホッとしたのか、恵美と実も声を出して笑った。それは一瞬で嫌な空気が吹き飛んだ瞬間。本当に陽気な夫婦だと改めて恵は思った。家の中は日常の空気に戻ったかに見えた。しかし、その時。恵が何かの気配を外からまた感じた。今度は心で呟く様に恵は訊いた。誰――?

 恵は何故かこの気配に掻き立てられた様に、今すぐに確かめずには居られなくなった。これは絶対に違う。彼女は、最初に覗き見られていた気配とは確かに別の人物だと、この時確信を抱いていた。彼女は一人、外へと急いだ。玄関口から飛び出し、砂利の敷かれた道から自分の部屋の窓の位置まで走って回り込んだ。そして、暗い夜道にぽつんと誰かの立つ目の前で立ち止まった。最初は外の暗さに目がまだ慣れておらず、目の前の人物の顔が良く見えなかった。そのまま立ち止まっていると、目が慣れてきた。大人の男性。

「久しぶりだな、恵。元気そうで、良かった」

「あなたは、誰ですか

 男はハッとして何かに気付き、自分自身に驚いているかの様子で急にオドオドしだした。

「お、俺は……

 男は何かを言い掛けて止まった。顔をよく見ると、瘤やアザ、そして鼻の下辺りに血を拭った痕があった。服は白に柄の入ったワイシャツだったが、あたかも何か揉め事でも起こしたかの様に、ボタンが上から二つ三つと取れ、かつ、酷く汚れている。

「怪我してるみたい。大丈夫ですか

 恵がそっともう少しだけ近付こうとした。その時。目の前に立つ怪我を負った大人の男性の姿が、もう一人、この大人と比べて背の低い少年とブレて見えた。その背の低い少年が、今、この世界に物体があるであろう目の前の大人の男性と代わる代わる重なって見える。そしてその度に、恵の脳中で光が幾つも瞬いた。少し朦朧とした感覚なる意識の中で、恵は見覚えのある背の低いもう一つの人物に目を凝らした。恵はハッとした。やはり正樹だ。彼女は思わず、「――正樹」と、思い切りに言葉を放った。しかし、それと同時に薄れ行く大人の男性と共に正樹の姿はこの場所から消えていった。

 

 

 実と恵美と恵の三人は、今、鳩間灯台の方へ足を運んでいた。砂利から赤土がむき出しとなった道へ辿る途中、恵は考えていた。 正樹――。彼はまるで自分の運命を確認するかの如く、突然現れては消えた。それは一体何を意味し、そして彼の身に何があったと言うのか。

――恵、恵ちゃん」

 恵はハッと気が付いた。

「どうしたの 何か考え事ね もう着いたよ」

「あ

 恵が俯き加減から前を向くと、すぐ目の前に白い灯台が聳えているのが分かった。恵は立ち止まったその場所から、その灯台の天辺を見上げた。高さは十五メートルほどだろうか 幅は直径で五メートルはあるであろうその大きな灯台が、その存在をどっしりとコチラ見せ付けている。

「近くで見ると大きい――

「島の周り全体から見える灯台だからね。あそこに展望台があるから、そこでちょっと休憩してからウートートーしようね」

「うん。此処って展望台もあったんだね」

「此処から観る海の景色は最高よ。恵ちゃんもびっくりするはず」

 恵美がにこやかに言った。

 三人は灯台のもっと奥にある展望台がある場所へと更に進んだ。

「うわー 綺麗――

 展望台へ来た瞬間に、恵は思わずそう発した。

「今日も透き通ってるね。本当にこの島の海は青くて綺麗さ」

「ヤンヤ(そうだな)」

「本当、綺麗……。こんな景色見れるなんて。本当に生きてて良かった」

 恵が喜ぶ顔を見た実は、彼女の側で満足そうな顔をした。

「おじさんもね、たまに此処に着てこの景色見てたら、本当に此処で生きてて良かったと思うよ。昔から海以外は何にも無いところだけどね」

「其処が良いんだよ。昔のまま何も変わらない事って素敵だと思う」

「そうだね。年だけはどうにもならないけど、良いものがずっとあるって良い事だからね」

 三人はしばらくの間広く澄んだ海を只じっと眺めた。

「それじゃ、行こうか」

 三人は展望台から灯台の方へと戻った。灯台の裏の方へ回り込んだ所にある獣道のような林の中へと続く小道へ入った。更に奥へ小道を歩いて行き止りとなった場所に、大きなガジュマルの木が支配している域がある。樹木の横の方には本当に小さな墓が見えた。

「ここだよ」

 小さな墓の前に止まって実は言った。

 恵は驚きの色を隠せなかった。まさかこれほどまでに寂しい場所に健二の姉が眠っているとは思わなかったのだ。実が恵のその思いを察して言った。

「中田君たちは身寄りが居なくてね。可哀想だけど、魂のある此処に埋葬されたわけさ」


https://coconala.com/users/2003858

コメント