さて、本日も詩情の花束

川崎駅構内にて女学生美女立ちん坊や
さて、本日も詩情の花束と行くかな

朝露流靡さへと眩く髪津や彩
若紅眺姿よ乙女は晴れやか

滝川寛之

落ち着いたところで当イートインへ
詩情の花束を残しておく
かつ、白ジャンガールへも
勝手ながら

最睡夕也たゆみ白さとせ感観へし
女歳は遥かに虹を明けふ

滝川寛之

桃色ガール店員へ

程とは脚辺最中よ森感さ着い
為々反映まに願小夜時へ

滝川寛之

コメント

おすすめコンテンツ

人気の投稿