スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

オーミチャー「少年探偵団2」 1

オーミチャー「少年探偵団2」 1オーミチャー「少年探偵団2」著者:滝川寛之* わたしの名前は大道やよい。芸名は守屋茜というわ。 ねえ、わたしのはなしをきいてちょうだい。 わたしね、子供を作らないって言ったじゃない? それなのだけれど、これには相当な覚悟が必要だったわ。ええ、そうよ。あかねは覚悟を決めてたの。でもそれってすこしおかしいのじゃないかしら? 女が子供を欲しがらないなんて、なんて大罪を平気そうな顔して言えたものね。なんて、そうは思わないでちょうだい。茜はね、本当のわたしではないの。そう、つまりいえば偽物でしかないのよ。それがどういうことなのか、あなたには話しておかなければならないわね。だって、あなたは生涯大切な人なんですもの。当然よ。だからきいて。これから話す茜のことを。わたしの全てを知ってちょうだい。 甲高い園児たちの声が響き渡るこの養護施設は、彼女にとって故郷みたなもの。 大道やよいは昭和生まれであり、これが生涯変わることはないだろうと考えていた。思いもしなかったのだ。意識すらしていなかったし、無関心。”これが”とは、やよいの心霊能力のことをさす。 彼女は幼少のころよりここで世話になっていたものだから、記憶をどうさかのぼっても、あるのは養護施設の思い出だけ。やよいには一歳離れた目に入れてもかわいい弟がいて、名前は琢己(たくみ)といった。なものだから、彼のあだ名は(漢字が似ていることから)自然と”トンミー”と呼ばれ、やよいは、”オーミチャー”と言われていた。 オーミチャーは酷いあばた顔。それについて、おそらく両親の梅毒(想像の世界だが。両親は他界している)か不衛生ゆえのダイオキシンが関係しているものと、後になってみて彼女は思った。 幼いころからやよいは顔を馬鹿にされて生きてきた。そのストレスとあきらめみたいなものが、なおさら彼女の表情を酷いありさまにしていた。トンミーの方はイケメンでよい表情をしていたものだから、やはり親違いなのかしら? などと勘ぐったりもした。しかしながら、それを彼女は彼に言えるはずもなく、悩み事がまたひとつ余計に多かった。 やよいは人魚姫のように良い体つきをしていて、艶があった。おしりもえくぼみたいにへこんでおらず、極めて完璧な桃尻。それだけが彼女のチャームポイントのようなもの。やよいの性格はおっとりとしていておとなしく、決して明る…

最新の投稿

原付バイクと風景画 最終話特別特大号